0%

Designデザインワークショップ

Posted:2015.06.25

WordPressでよく使うテンプレートファイルのまとめ

今回はWordPressのテンプレートファイルについてまとめていきたいと思います。CMSの代表格としておなじみのWordPressですが、その魅力はなんといってもプラグインの多さなどの拡張性や、オリジナルテーマの作成といった自由にカスタマイズができる点だといえます。オリジナルテーマの作成にはPHPやHTMLなどの知識が必要になりますがウェブサイトの可能性を広げることができます。

 

WordPressではテンプレートファイルと呼ばれる、それぞれ独立したデータファイルが集まりウェブサイトが構成されています。例えばヘッダー部分を構成するテンプレートや記事の投稿ページを構成するテンプレートなどがあります。WordPressを使うには、このテンプレートファイルのうち基本となるページとなるindex.phpとメインのスタイルシートであるstyle.cssの2つのデータファイルさえあれば動作しますが機能が最小限のものになってしまいます。

 

そこでWordPressを効果的に使えるように各テンプレートファイルを活用していきます。以下にいくつかの代表的なWordPressのテンプレートファイルをまとめておりますのでご参考にどうぞ。

 

WordPressの動作に必須となる基本テンプレート
index.php ページのベースとなるメインテンプレート
style.css WordPress内で適用されるベースのスタイルシート

 

ページ内のパーツを構成するテンプレート
header.php ヘッダー部分を構成するテンプレート
footer.php フッター部分を構成するテンプレート
sidebar.php サイドバー部分を構成するテンプレート
searchform.php 検索フォームを構成するテンプレート
comments.php コメントフォームを構成するテンプレート
loop.php 繰り返し表示する(ループ)コンテンツ部分を構成するテンプレート

 

ページを構成するテンプレート

【 トップページ・404ページ・検索ページ 】

 

front-page.php サイトのトップページ(固定ページ)となるテンプレート
home.php サイトのトップページ(投稿ページ)となるテンプレート
404.php 404エラーのページとなるテンプレート
search.php 検索結果の一覧ページとなるテンプレート

 

【 投稿ページ 】

 

single.php 汎用的な個別の投稿ページとなるテンプレート
single-(post_type).php カスタム投稿の個別投稿ページとなるテンプレート

 

【 固定ページ 】

 

page.php 汎用的な固定ページとなるテンプレート
page-(slug).php スラッグ名に合わせた特定の個別ページとなるテンプレート

 

【 アーカイブページ 】

 

archive.php 汎用的な記事一覧ページとなるテンプレート
archive-(post_type).php カスタム投稿の記事一覧ページとなるテンプレート
category.php カテゴリーで分けられた記事一覧ページとなるテンプレート
tag.php タグで分けられた記事一覧ページとなるテンプレート
taxonomy.php カスタム分類で分けられた記事一覧ページとなるテンプレート
date.php 投稿日で分けられた記事一覧ページとなるテンプレート
author.php 作成者で分けられた記事一覧ページとなるテンプレート

 

テーマ関数ファイル
functions.php テーマ内で使用する各種プラグイン動作などの関数を置くファイル

 

オリジナルテーマ内においてのテンプレートファイルのイメージ

WordPressで使うテンプレートファイルのまとめ

 

上記は一般的なサイトの形に、ブログページを設けたWordPressを使ったサイトでも多いパターンを例に挙げています。

 

構成を見てみると、home.phpがサイトのトップページにあたり下層に並ぶpage.phpが各コンテンツページのテンプレートになります。index.php(archive.php)はブログのような投稿記事が一覧に並ぶページになり、各記事の詳細は個別投稿ページのテンプレートであるsingle.phpが呼び出されます。そのほか、404エラーを表示する404.phpをはじめとした各ページテンプレートやスタイルシートなどのファイルが含まれます。

 

ページ内部を見ると、ヘッダーやフッター、サイドコンテンツエリアなどのページ共通部分が、それぞれのテンプレートファイルで構成されます。検索フォームやブログなどで良く見かけるコメントフォームも含まれます。

 

WordPressの代表的な機能として、ブログエントリーや新着情報など投稿した内容がアーカイブで表示されるループ機能が挙げられますが、こちらもloop.phpを使ってページ内に呼び出しています。

 

オリジナルテーマ内のテンプレート階層について

WordPressのテンプレートファイルはページの種類によって決まったテンプレートファイルが呼び出されて表示されます。テンプレートの表示には優先順位が決まっていて、その順序に従ってテンプレートファイルが呼び出される仕組みになっています。

 

下記の表では、ページの種類ごとに呼び出されるテンプレートファイルと、表示される優先順位をまとめています。表の右側に行くほど優先順位は低くなり、汎用的なテンプレートファイルになります。

 

アーカイブページ 作成者 author-
$nicename.php
author-$id.php author.php archive.php index.php
カテゴリー category-
$slug.php
category-$id.php category.php
タグ tag-$slug.php tag-$id.php tag.php
カスタム分類 taxonomy-
$taxonomy-
$term.php
taxonomy-
$taxonomy.php
taxonomy.php
投稿日 date.php
投稿ページ 個別投稿 ページ single-post.php single.php
カスタム投稿 ページ single-
$posttype.php
固定ページ 固定ページ page-$slug.php page-$id.php page.php
カスタム
テンプレート
$custom.php
サイトトップページ front-page.php home.php
404エラーページ 404.php
検索結果ページ seach.php

 

今回はWordPressのテンプレートファイルについてまとめてみました。このほかにもいろいろなテンプレートファイルがあり、記事内で紹介したのは一部になりますが、じゅうぶんオリジナルテーマのサイトを作成することができます。テンプレートのカスタマイズで物足りない方は是非オリジナルテーマの作成にチャレンジしてみてください!

 

 

author
この記事を書いた人オガワ シンヤ
FacebookTwitter

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

制作のご依頼やお問い合わせ・パートナー業務提携のご相談はこちら

デザインやウェブ制作についてのご依頼やご相談、その他お問い合わせなどもお気軽にご連絡ください。フットワークの軽さやレスポンスの早さ、また豊富な経験や知識、技術を活かした対応力といったフリーランスクリエイターの強みでクライアント様、パートナー企業様のお力になります。デザインからコーディングやWordPress実装といったウェブサイト構築はもちろん、写真撮影や動画編集、コンテンツ制作からサイト運用サポートまで一括してお任せください。

ホームページ制作のご検討やウェブ運用でお悩みの経営者様や企業のウェブ担当者様をはじめ、個人で店舗を営んでいらっしゃるオーナー様、フリーで活動されているビジネスオーナー様はもちろんのこと、リソース不足でお困りの制作会社様、またクリエイターをお探しの代理店様も大歓迎です。

コンタクトをご希望の方はお手数ですが、下記よりお問い合わせフォームのページへアクセスしていただき、必要事項を入力の上メッセージを送信してください。確認でき次第すぐに折り返しご連絡致します。

こんな記事も読まれています

コメントもお気軽にどうぞ

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


ページトップへ
大阪市天王寺区のホームページ制作デザイン事務所(SOHO)DesignSupply.【デザインサプライ】