0%

Designデザインワークショップ

Posted:2019.10.21

フォントのオルタネート(異体字)をデザインに活用する

フォントにはいろんな書体が存在しますが、中でもオルタネート(異体字)と呼ばれるものは少し特殊で、さながら飲食店の裏メニューのような、特徴のある書体が用意されていることもあります。今回はそんなフォントのオルタネートをデザインに活用する例を見ていきたいと思います。

 

フォントのオルタネート(異体字)について

オルタネート(異体字)は、通常の書体とは別に、異なるデザインの書体のことを指します。全てのフォントに用意されている訳ではありませんが、同じフォントの中でデザインを少し変えたいときにとても便利です。

 

フォントデータには主に高機能なOpentypeと昔からあるTruetypeがありますが、Opentypeには機能を活かし、オルタネートなどのいろんな書体が使えるようになっているものもあります。今回はオルタネートが使えるフォントとして「Lucy Rose」というのを使ってみました。スワッシュが特長的なオルタネートが用意されています。

【Lucy Rose ~ Serif Fonts ~ Creative Market】
https://creativemarket.com/EllenLuff/1597200-Lucy-Rose

 

まずは通常の書体と比較してみます。上が通常のもので下が異体字のオルタネートになります。書体のベースとなるデザインは共通していますが、ディティールの部分が大きく異なっていて、全く別の印象を与えています。

フォントのオルタネート(異体字)をデザインに活用する

 

今回使ってみたLucy Roseフォントの場合、例えばAの文字だけであれば、通常の書体を合わせると5種類もの別の書体が用意されています。これらはフォントごとに異なるので、実際にどんな異体字があるのかを確認してみたいと思います。

フォントのオルタネート(異体字)をデザインに活用する

 

Open Typeフォントの場合にはデザインツールなどで、テキストのプロパティパネルを確認すると、これらオルタネートの書体を確認、表示切り替えができるようになります。下記の例ではFigmaの場合になりますが、アプリによって多少異なるのでそれぞれ確認しておきます。

フォントのオルタネート(異体字)をデザインに活用する

 

 

オルタネートをデザインに活用してみる

フォントのオルタネートは個性的な書体になっていることが多く、デザイン制作で活用することで、通常の書体では表現できないような印象を与えることができます。今回はこちらの通常書体を使ったデザインにオルタネートを採用することで印象の違いをみてみたいと思います。

フォントのオルタネート(異体字)をデザインに活用する

 

早速テキスト部分を選択してオルタネートの書体に変更していきます。今回のデザイン制作にはAffinity Photoを使いました。タイポグラフィパネルから代替スタイルの変更を行います。

フォントのオルタネート(異体字)をデザインに活用する

 

そうしながら仕上がったのがこちらになります。フォントに装飾が追加されたことで見た目も大きく変わり、かなりインパクトも与えられるのではないでしょうか。デザインとしてもより作り込まれ、華やかなで動きのある印象があります。

フォントのオルタネート(異体字)をデザインに活用する

 

オルタネートは通常書体よりもデザイン要素が強くなるので、可読性が求められるようなシーンでは控えた方が良さそうです。また全ての文字をオルタネートにすると、若干くどい印象にもなりやすいので通常書体とのバランスを見ながら混ぜて使うのがポイントではないでしょうか。

 

オルタネートが用意されているフォントはいくつかあり、今回のように大きくデザインが変わるものもあれば、小さい変化になっているものなど様々です。どちらかというとスクリプト体に多い印象はありますが、下記のようにサンセリフ体でもオルタネートが用意されているフォントもあるので、気になるフォントがあれば是非確認してみたいですね。

フォントのオルタネート(異体字)をデザインに活用する

フォントのオルタネート(異体字)をデザインに活用する

 


 

今回はフォントのオルタネートについて、デザインに活用する例をまとめてみました。フォントの形を自分で加工するのは少し難しいので、このようにあらかじめ用意されている書体をうまく活用することで、デザイン表現の幅を上手く広げることができるのではないでしょうか。

author
この記事を書いた人オガワ シンヤ
FacebookTwitter

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

制作のご依頼やお問い合わせ・パートナー業務提携のご相談はこちら

デザインやウェブ制作についてのご依頼やご相談、その他お問い合わせなどもお気軽にご連絡ください。フットワークの軽さやレスポンスの早さ、また豊富な経験や知識、技術を活かした対応力といったフリーランスクリエイターの強みでクライアント様、パートナー企業様のお力になります。デザインからコーディングやWordPress実装といったウェブサイト構築はもちろん、写真撮影や動画編集、コンテンツ制作からサイト運用サポートまで一括してお任せください。

ホームページ制作のご検討やウェブ運用でお悩みの経営者様や企業のウェブ担当者様をはじめ、個人で店舗を営んでいらっしゃるオーナー様、フリーで活動されているビジネスオーナー様はもちろんのこと、リソース不足でお困りの制作会社様、またクリエイターをお探しの代理店様も大歓迎です。

コンタクトをご希望の方はお手数ですが、下記よりお問い合わせフォームのページへアクセスしていただき、必要事項を入力の上メッセージを送信してください。確認でき次第すぐに折り返しご連絡致します。

こんな記事も読まれています

コメントもお気軽にどうぞ

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


ページトップへ
大阪市天王寺区のホームページ制作デザイン事務所(SOHO)DesignSupply.【デザインサプライ】