0%

Designデザインワークショップ

Posted:2019.09.16

Illustratorのモザイクオブジェクト機能でベクターイラストをドット風のデザインにする

懐かしいファミコン風の低解像度のドットを組み合わせたデザインを作成したいときもIllustratorが便利です。今回はベクターイラストをドット風のデザインに変えてみたいと思います。アイコンやプロフィール画像に使うと面白いのではないでしょうか。

 

ちなみに今回はこのようなベクターオブジェクトをサンプルにしましたが、写真などのビットマップ画像からも作成することができます。

Illustratorのモザイクオブジェクト機能でベクターイラストをドット風のデザインにする

Illustratorのモザイクオブジェクト機能でベクターイラストをドット風のデザインにする

 

まずはベクターオブジェクトにラスタライズを行い、一旦ビットマップデータに変換していきます。設定はデフォルトでOKですが、背景の透過は後から調整しますのでどちらでも大丈夫です。

Illustratorのモザイクオブジェクト機能でベクターイラストをドット風のデザインにする

Illustratorのモザイクオブジェクト機能でベクターイラストをドット風のデザインにする

 

このようにベクターのオブジェクトからビットマップデータに変換されたのが確認できました。

Illustratorのモザイクオブジェクト機能でベクターイラストをドット風のデザインにする

 

変換したビットマップデータを選択して、メニューにある「オブジェクト」から「モザイクオブジェクトを作成」をクリックします。

Illustratorのモザイクオブジェクト機能でベクターイラストをドット風のデザインにする

 

モザイクオブジェクトの設定パネルが表示されます。ここで「タイル数」の項目を目的のデザインに合わせて調整していきます。数字が多ければより細かいドット絵になります。少なければ荒いドット絵を作成することができます。

Illustratorのモザイクオブジェクト機能でベクターイラストをドット風のデザインにする

 

対象のビットマップが指定したタイル数のベクターオブジェクトがモザイク状に集まったオブジェクトが作成されました。ちなみに元のビットマップも保持される形になります。

Illustratorのモザイクオブジェクト機能でベクターイラストをドット風のデザインにする

 

背景透過の場合、デフォルトでは白塗りのオブジェクトに置き換えられています。そこで背景部分のオブジェクトを削除します。作成されたモザイクオブジェクトはグループ化されているので、一旦グループ解除します。

Illustratorのモザイクオブジェクト機能でベクターイラストをドット風のデザインにする

 

削除対象の背景オブジェクトの一部を選択し、メニューの「選択」から「共通」→「カラー(塗り)」をクリックします。

Illustratorのモザイクオブジェクト機能でベクターイラストをドット風のデザインにする

 

こうすることで、同一レイヤー内で対象と同じ塗りのオブジェクトが全て選択される形になります。一つづつ選択するのは大変なのでこのように一括して選択できると楽ですね。

Illustratorのモザイクオブジェクト機能でベクターイラストをドット風のデザインにする

 

あとは選択した背景の白塗りオブジェクトを全て削除すればOKです。このように背景が全てなくなりました。

Illustratorのモザイクオブジェクト機能でベクターイラストをドット風のデザインにする

 

モザイクオブジェクトで作成されるタイルは四角形ですが、パスアピアランスを使うことで円形にすることができます。パスアピアランスについては過去記事「Illustratorのパスアピアランス効果まとめ(ワープ・パスの変形)」もご参考にどうぞ。メニューから「効果」→「形状に変換」→「楕円形」をクリックします。

Illustratorのモザイクオブジェクト機能でベクターイラストをドット風のデザインにする

 

アピアランスの設定パネルが表示されますので、タイルの大きさに合わせてサイズを調整します。

Illustratorのモザイクオブジェクト機能でベクターイラストをドット風のデザインにする

 

このようにタイルの数や形状と大きさ、またタイルの並び方や余白を調整することでいろんなドット風デザインを作成することができます。

Illustratorのモザイクオブジェクト機能でベクターイラストをドット風のデザインにする

 

元のベクターイラストと比べてみると、雰囲気の違いを確認できますね。これらのモザイクオブジェクトは全てベクターなので拡大縮小しても、解像度が落ちることはありません。

Illustratorのモザイクオブジェクト機能でベクターイラストをドット風のデザインにする

 


 

このようなドット絵を作成する際にはIllustratorのモザイクオブジェクト作成機能を使うと、簡単かつスピーディーに作成することができますね。モデルになる素材も写真などのビットマップ画像はもちろんのこと、ベクターオブジェクトも使えますのでどんなイラストや写真もドット風のデザインに仕上げることができます。ぜひ試してみてください。

 

今回はドット風のデザインを作成しましたが、ポリゴン風のデザインに仕上げる場合にはPhotoshopを使うことで作成することができます。詳しくはこちらの記事「【デザインワークショップ】vol.8 写真をポリゴンデザインに仕上げてみる 」もどうぞ!

author
この記事を書いた人オガワ シンヤ
FacebookTwitter

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

制作のご依頼やお問い合わせ・パートナー業務提携のご相談はこちら

デザインやウェブ制作についてのご依頼やご相談、その他お問い合わせなどもお気軽にご連絡ください。フットワークの軽さやレスポンスの早さ、また豊富な経験や知識、技術を活かした対応力といったフリーランスクリエイターの強みでクライアント様、パートナー企業様のお力になります。デザインからコーディングやWordPress実装といったウェブサイト構築はもちろん、写真撮影や動画編集、コンテンツ制作からサイト運用サポートまで一括してお任せください。

ホームページ制作のご検討やウェブ運用でお悩みの経営者様や企業のウェブ担当者様をはじめ、個人で店舗を営んでいらっしゃるオーナー様、フリーで活動されているビジネスオーナー様はもちろんのこと、リソース不足でお困りの制作会社様、またクリエイターをお探しの代理店様も大歓迎です。

コンタクトをご希望の方はお手数ですが、下記よりお問い合わせフォームのページへアクセスしていただき、必要事項を入力の上メッセージを送信してください。確認でき次第すぐに折り返しご連絡致します。

こんな記事も読まれています

コメントもお気軽にどうぞ

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


ページトップへ
大阪市天王寺区のホームページ制作デザイン事務所(SOHO)DesignSupply.【デザインサプライ】