0%

Designデザインワークショップ

Posted:2018.07.15

配色をイメージ別のマトリクス上に分類してデザインワークに役立てる

今回はイメージごとに区切ったマトリクスを用意していろんな配色を分類してみたいと思います。デザインにおいてイメージの分類は重要ですが、この作業をすることで改めて配色が持つイメージを明確にしていきます。

 

配色をイメージ別に分ける目的

Webデザインなど、デザイン制作において配色は重要な要素の一つです。色自体にはそれぞれ与える印象も異なるイメージを持っています。ですので、デザインの目的を達成するためには正しい配色を選定しなければなりません。

 

その際にデザインに合わせて配色を考えないといけないのですが、これが結構時間がかかる作業になります。そこで、あらかじめイメージごとに分けられた配色サンプルを用意しておくことで、デザイン制作の作業効率化が期待できます。

 

配色というのは感覚だけで決めるわけではなく、デザインの目的ごとにある程度法則性があるので、こういった準備はとても効果的ですね。

 

数百の配色サンプルをピックアップ

まずは配色のサンプルを集めていきます。私は大体配色を決めるときにはAdobeの「Color CC」というサービスを使うことが多いです。

【Adobe Color CC】
https://color.adobe.com/ja/

配色をイメージ別のマトリクス上に分類してデザインワークに役立てる

配色をイメージ別のマトリクス上に分類してデザインワークに役立てる

 

一から配色を決めることもあれば、キーワードから関連する配色サンプルを検索して決めることもあります。これ以外にも最近ではいろんな配色ジェネレーターが無料で使えたりと簡単に配色を決めることができます。

 

今回はいろんな配色サンプルを200パターン以上集めました。これだけあれば大体のデザイン表現に対応できるのではないでしょうか。デザインソフト上にパレットとして並べてみました。

 

配色をイメージ別のマトリクス上に分類してデザインワークに役立てる

 

 

イメージ別のマトリクスを用意

先ほど集めた配色サンプルをイメージ別に分けていくのですが、ここではマトリクスを使って全体の関係性が一目でわかるようにしていきます。

 

今回使用したマトリクスは、こちらの書籍でも紹介されているものを参考にさせていただきました。

 


 

横軸には暖色系と寒色系を両端に置いた色相を、縦軸は明度と彩度を合わせたものに設定し、全体を16個のエリアに分けました。

 

配色をイメージ別のマトリクス上に分類してデザインワークに役立てる

 

配色自体は複数の色の組み合わせのため、厳密には異なりますが、マトリクス自体の大体の区分けはこんな感じになります。

 

配色をイメージ別のマトリクス上に分類してデザインワークに役立てる

 

 

配色を各イメージごとに分類

これで先ほどの配色サンプルをそれぞれのイメージに合うエリアに入れていき、マトリクスを完成させます。全部入れ終わるとこんな感じになりました。少しわかりにくいですが、おおよその傾向はこの図からも見て取れるかと思います。

 

配色をイメージ別のマトリクス上に分類してデザインワークに役立てる

 

わかりやすように拡大してみます。まずはSOFT&WARMのエリアにある配色です。全体的に明るく、左側にいけばポップな印象で、右側には落ち着いた雰囲気の配色が集まりました。

 

配色をイメージ別のマトリクス上に分類してデザインワークに役立てる

 

次はSOFT&COOLのエリアです。マトリクス上では寒色系のエリアになるので、先ほどよりも全体的に落ち着いた雰囲気になっています。左側はグリーン系の中間色が多いですが、右側ではブルーなど寒色系が強くなってシャープな印象があります。

 

配色をイメージ別のマトリクス上に分類してデザインワークに役立てる

 

続いてマトリクス下半分を見ていきます。まずはHARD&WARMから。下のエリアは明度が下がり暗い色が多くなるので、色も濃くはっきりしたものが多くなります。こちらも上のエリア同様、左側は鮮やかに、右側は落ち着いた配色が見受けられます。

 

配色をイメージ別のマトリクス上に分類してデザインワークに役立てる

 

最後はHARD&COOLです。明度が下がり寒色系になるので、最も暗い印象が感じられます。右上のエリアは特徴的に比較的鮮やかなブルーが多いので、補色に当たるイエローを使った配色が多くなっているのもわかります。

 

配色をイメージ別のマトリクス上に分類してデザインワークに役立てる

 


 

いかがでしょうか、このようにあらかじめイメージごとに配色サンプルを分けておくことで、デザインの目的となるイメージから素早く配色を探すことができます。また、マトリクス上に並べることで、全体の関係性もわかるので色の調整もしやすいのではないでしょうか。

もちろん、一から配色を決めることもときには重要ですが、仕事は準備が大事と言われますし、このような用意をしておくとデザイン制作もかなり楽になりますね。

author
この記事を書いた人オガワ シンヤ
FacebookTwitter

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

制作のご依頼やお問い合わせ・パートナー業務提携のご相談はこちら

デザインやウェブ制作についてのご依頼やご相談、その他お問い合わせなどもお気軽にご連絡ください。フットワークの軽さやレスポンスの早さ、また豊富な経験や知識、技術を活かした対応力といったフリーランスクリエイターの強みでクライアント様、パートナー企業様のお力になります。デザインからコーディングやWordPress実装といったウェブサイト構築はもちろん、写真撮影や動画編集、コンテンツ制作からサイト運用サポートまで一括してお任せください。

ホームページ制作のご検討やウェブ運用でお悩みの経営者様や企業のウェブ担当者様をはじめ、個人で店舗を営んでいらっしゃるオーナー様、フリーで活動されているビジネスオーナー様はもちろんのこと、リソース不足でお困りの制作会社様、またクリエイターをお探しの代理店様も大歓迎です。

コンタクトをご希望の方はお手数ですが、下記よりお問い合わせフォームのページへアクセスしていただき、必要事項を入力の上メッセージを送信してください。確認でき次第すぐに折り返しご連絡致します。

こんな記事も読まれています

コメントもお気軽にどうぞ

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


ページトップへ
大阪市天王寺区のホームページ制作デザイン事務所(SOHO)DesignSupply.【デザインサプライ】