0%

Designデザインワークショップ

Posted:2018.06.21

Sketchで日本語テキストを縦書きで入力する小技

普段、Webデザインの制作はSketchをベースに、ビットマップの作り込んだデザインはPhotoshopという感じで使い分けているのですが、だいたいSketchで間に合うことが多いです。ただ、こういう事が出来たらいいのにな、、と思う場面が結構あります。

 

そんな時はPhotoshopを使えばいいのですが、結構面倒に感じたり、意外とSketchで対応出来たりする場合もあります。今回はそんなケースでもよくある日本語テキストの縦書きをSketchで行う方法をまとめていきたいと思います。

 

ちなみに、前回記事「Sketchでテキスト周りの装飾をする小技(縁取り・ソリッドシャドウ)」でも便利なテクニックを紹介していますので参考に。

 

Sketchでは縦書きのテキストエリア入力に未対応

SketchはもともとUIデザインに特化したデザインツールで、海外のアプリケーションということもあり、日本語フォントや文字組への対応はPhotoshopと比べるとまだそこまで充実していないという現状です。

 

Sketchで日本語テキストの縦書きをする小技

 

その中で日本語特有の縦書きのテキスト入力にも、現在のところ対応していません。ただし全く出来ないということもなく、少し工夫をすることで意外と問題なく対応できます。

 

Sketchで縦書きテキストを実現する

その方法ですが、大事なポイントが2つあります。まずは「一行ごとにテキスト文章を分ける」ことです。縦書きにした時に複数行にわたる場合は、あらかじめ文章を一行ごとに分けておきます。

 

Sketchで日本語テキストの縦書きをする小技

 

次に「テキストボックスの幅を1文字分まで縮小」していきます。実際にやってみるとすぐにわかりますが、テキストボックスの幅を1文字分の幅まで縮めることで縦書きで入力されたように見せる事が出来ます。

 

Sketchで日本語テキストの縦書きをする小技

 

ですので、文字間のスペース(カーニング)はラインハイトの数値を変更することで調整可能です。

 

Sketchで日本語テキストの縦書きをする小技

 


 

いかがでしょうか、文字数が多い長文では少し気合いが必要ですが、2〜3行のキャッチコピーなどはこの方法で十分対応可能かと思います。ぜひ試してみてください!

author
この記事を書いた人オガワ シンヤ
FacebookTwitter

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

制作のご依頼やお問い合わせ・パートナー業務提携のご相談はこちら

デザインやウェブ制作についてのご依頼やご相談、その他お問い合わせなどもお気軽にご連絡ください。フットワークの軽さやレスポンスの早さ、また豊富な経験や知識、技術を活かした対応力といったフリーランスクリエイターの強みでクライアント様、パートナー企業様のお力になります。デザインからコーディングやWordPress実装といったウェブサイト構築はもちろん、写真撮影や動画編集、コンテンツ制作からサイト運用サポートまで一括してお任せください。

ホームページ制作のご検討やウェブ運用でお悩みの経営者様や企業のウェブ担当者様をはじめ、個人で店舗を営んでいらっしゃるオーナー様、フリーで活動されているビジネスオーナー様はもちろんのこと、リソース不足でお困りの制作会社様、またクリエイターをお探しの代理店様も大歓迎です。

コンタクトをご希望の方はお手数ですが、下記よりお問い合わせフォームのページへアクセスしていただき、必要事項を入力の上メッセージを送信してください。確認でき次第すぐに折り返しご連絡致します。

こんな記事も読まれています

コメントもお気軽にどうぞ

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


ページトップへ
大阪市天王寺区のホームページ制作デザイン事務所(SOHO)DesignSupply.【デザインサプライ】