0%

Designデザインワークショップ

Posted:2018.05.22

【デザインワークショップ】vol.16 料理写真のシズル感を表現してみる(エフェクト編・清涼感)

前回記事「【デザインワークショップ】vol.15 料理写真のシズル感を表現してみる(エフェクト編・熱さ) 」では熱々の料理写真に使えるレタッチのテクニックを紹介しました。引き続き今回は冷たさを感じられるような表現についてまとめていきたいと思います。

 

みずみずしい水滴

野菜や果物など新鮮さを訴求に持ってくるイメージや、コールドドリンクや冷たい食べ物といった清涼感を伝えたい場合には、水滴などのエフェクトをつけることが効果的です。

 

ここではPhotoshopを使って、水しぶきの素材写真との合成や、実際に水滴のグラフィックを描いていく方法についてまとめていきたいと思います。今回はこちらの写真素材を使いました。

【デザインワークショップ】vol.16 料理写真のシズル感を表現してみる(エフェクト編・清涼感)

【デザインワークショップ】vol.16 料理写真のシズル感を表現してみる(エフェクト編・清涼感)

無料画像 pngtree.com

 

STEP1. 水しぶきの素材を合成する

1. まずは使用するイメージ素材をトリミングしたり、背景をつけたりして準備します。

【デザインワークショップ】vol.16 料理写真のシズル感を表現してみる(エフェクト編・清涼感)

 

2. イメージ素材はフィルター用にスマートオブジェクトに変換しておきます。

【デザインワークショップ】vol.16 料理写真のシズル感を表現してみる(エフェクト編・清涼感)

 

3. 素材自体に【フィルター】→【シャープ】→【アンシャープマスク】を適用させ、素材の映りをシャープにしておきます。スマートオブジェクトにしているのでスマートフィルターとして適用され、後からの微調整も可能です。

【デザインワークショップ】vol.16 料理写真のシズル感を表現してみる(エフェクト編・清涼感)

 

4. 水しぶき用の写真素材を適宜変形や位置を調整して合成します。

【デザインワークショップ】vol.16 料理写真のシズル感を表現してみる(エフェクト編・清涼感)

 

5. 水しぶき用の写真素材の描画モードを「輝度」に設定し、背景になじませます。

【デザインワークショップ】vol.16 料理写真のシズル感を表現してみる(エフェクト編・清涼感)

 

STEP2. 水滴のグラフィックを作成する

1. 円形のオブジェクトを新規で作成し、塗りを0%にして透明にしておく。

【デザインワークショップ】vol.16 料理写真のシズル感を表現してみる(エフェクト編・清涼感)

 

2. 作成した円形のオブジェクトに対してレイヤー効果の「ベベルとエンボス」を適用し水滴の立体的な丸みをつける。

【デザインワークショップ】vol.16 料理写真のシズル感を表現してみる(エフェクト編・清涼感)

 

3. 同じく作成した円形のオブジェクトに対してレイヤー効果の「シャドウ(内側)」を適用し、水滴の内部に見える影をつける。

【デザインワークショップ】vol.16 料理写真のシズル感を表現してみる(エフェクト編・清涼感)

 

4. さらにレイヤー効果の「ドロップシャドウ」を適用し、水滴の外にできる影をつける。

【デザインワークショップ】vol.16 料理写真のシズル感を表現してみる(エフェクト編・清涼感)

 

5. 水滴に映る反射光を描くための新規レイヤーを作成します。

【デザインワークショップ】vol.16 料理写真のシズル感を表現してみる(エフェクト編・清涼感)

 

6. 「ブラシツール」で塗りを白に設定し、先ほど作成したレイヤーに水滴の反射光を描いていきます。水滴の丸みを考えながら描いていきます。

【デザインワークショップ】vol.16 料理写真のシズル感を表現してみる(エフェクト編・清涼感)

 

これで水滴のグラフィックが完成するので、あとは適宜デザインに合わせておいていきます。大きさや形はもちろんのこと、場所や透明度などもデザインに合わせるように調整していきます。完成するとこんな感じになりました。

 

【デザインワークショップ】vol.16 料理写真のシズル感を表現してみる(エフェクト編・清涼感)

 


 

いかがでしょうか、今回のデザインワークショップは全4回にわたり料理写真のレタッチについてまとめていきましたが、これらを組み合わせることで、より食欲を刺激するような写真に仕上がるのではないでしょうか。紙媒体やウェブに関わらず使えるテクニックなのでぜひオススメします。

 

(参考にさせて頂いたサイト)
「シズル感」はphotoshopで作れる!ジュースをみずみずしく演出するチュートリアル
Photoshopで簡単に水滴を作る方法

 


 

こちらも合わせてお読みくださいm(__)m

【デザインワークショップ】料理写真のシズル感を表現してみる

vol.13 料理写真のシズル感を表現してみる(色調補正編)
vol.14 料理写真のシズル感を表現してみる(ラップフィルター編)
vol.15 料理写真のシズル感を表現してみる(エフェクト編・熱さ)

author
この記事を書いた人オガワ シンヤ
FacebookTwitter

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

制作のご依頼やお問い合わせ・パートナー業務提携のご相談はこちら

デザインやウェブ制作についてのご依頼やご相談、その他お問い合わせなどもお気軽にご連絡ください。フットワークの軽さやレスポンスの早さ、また豊富な経験や知識、技術を活かした対応力といったフリーランスクリエイターの強みでクライアント様、パートナー企業様のお力になります。デザインからコーディングやWordPress実装といったウェブサイト構築はもちろん、写真撮影や動画編集、コンテンツ制作からサイト運用サポートまで一括してお任せください。

ホームページ制作のご検討やウェブ運用でお悩みの経営者様や企業のウェブ担当者様をはじめ、個人で店舗を営んでいらっしゃるオーナー様、フリーで活動されているビジネスオーナー様はもちろんのこと、リソース不足でお困りの制作会社様、またクリエイターをお探しの代理店様も大歓迎です。

コンタクトをご希望の方はお手数ですが、下記よりお問い合わせフォームのページへアクセスしていただき、必要事項を入力の上メッセージを送信してください。確認でき次第すぐに折り返しご連絡致します。

こんな記事も読まれています

コメントもお気軽にどうぞ

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


ページトップへ
大阪市天王寺区のホームページ制作デザイン事務所(SOHO)DesignSupply.【デザインサプライ】