デザインワークショップSuplog

2016.04.22

【デザインワークショップ】vol.4 モデル写真のレタッチ(ポートレート編)

ワークショップ「ベースメイク」&「ポイントメイク」ではPhotoshopを使ってモデル自身をより美しく見せることをテーマにレタッチを行いましたが、今回はポートレートをより雰囲気のある写真に変えるレタッチを行いたいと思います。

 

※前回記事はこちら

【デザインワークショップ】vol.2 モデル写真のレタッチ(ベースメイク編)

【デザインワークショップ】vol.3 モデル写真のレタッチ(ポイントメイク編)

 

今回はこの写真を使いたいと思います。

【デザインワークショップ】vol.4 モデル写真のレタッチ(ポートレート編)

もちろんこのままでも綺麗な写真ですが、さらに一手間加えていきます。

 

STEP1.瞳にキャッチライトを入れる

 

1. レイヤーを複製しわかりやすいように名前をつける

 

【デザインワークショップ】vol.4 モデル写真のレタッチ(ポートレート編)

 

 

2. ブラシツールでキャッチライトを入れていく

 

【デザインワークショップ】vol.4 モデル写真のレタッチ(ポートレート編)

 

 

3. レイヤーの透明度を調整して自然に見えるようになじませる

 

【デザインワークショップ】vol.4 モデル写真のレタッチ(ポートレート編)

 

 

4. 二つのレイヤーを統合しレイヤーをコピーする

 

【デザインワークショップ】vol.4 モデル写真のレタッチ(ポートレート編)

 

 

5. 黒目の部分を焼き込みツールでメリハリをつける(最後にレイヤーの透明度で調整する)

 

【デザインワークショップ】vol.4 モデル写真のレタッチ(ポートレート編)

 

 

6. 白目の部分を選択しレベル補正で明るくする(充血などで赤みが残る場合はカラーバランスなどで抑える)

 

【デザインワークショップ】vol.4 モデル写真のレタッチ(ポートレート編)

 

 

STEP2.髪にツヤを出す

 

1. レイヤーを複製しわかりやすいように名前をつける

 

【デザインワークショップ】vol.4 モデル写真のレタッチ(ポートレート編)

 

 

2. 髪の部分を選択し境界線を調整した上で切り抜きます

 

【デザインワークショップ】vol.4 モデル写真のレタッチ(ポートレート編)

 

 

3. 切り抜いた髪の部分のレイヤーの描画モードをスクリーンにします

 

【デザインワークショップ】vol.4 モデル写真のレタッチ(ポートレート編)

 

 

4. レイヤーマスクをかけてブラシで光沢部分を作っていく

 

【デザインワークショップ】vol.4 モデル写真のレタッチ(ポートレート編)

 

 

5. さらに編集したレイヤーをコピーし名前をつけ描画モードをソフトライトに設定します

 

【デザインワークショップ】vol.4 モデル写真のレタッチ(ポートレート編)

 

 

6. 色相・彩度で赤みを加えます

 

【デザインワークショップ】vol.4 モデル写真のレタッチ(ポートレート編)

 

 

7. レイヤーの不透明度を調整しベースの写真となじませます

 

【デザインワークショップ】vol.4 モデル写真のレタッチ(ポートレート編)

 

 

STEP3.ハイライトとシャドウを加えて立体感を出す

 

1. レイヤーを複製しわかりやすいように名前をつける

 

【デザインワークショップ】vol.4 モデル写真のレタッチ(ポートレート編)

 

 

2. 光が当たる部分に対して覆い焼きツールでハイライトを入れる

 

【デザインワークショップ】vol.4 モデル写真のレタッチ(ポートレート編)

 

 

3. ハイライトのレイヤーの透明度を調整しベース画像とレイヤーを統合する

 

【デザインワークショップ】vol.4 モデル写真のレタッチ(ポートレート編)

 

 

4. レイヤーを複製しわかりやすいように名前をつける

 

【デザインワークショップ】vol.4 モデル写真のレタッチ(ポートレート編)

 

 

5. 影になる部分に対して焼き込みツールでシャドウを入れる

 

【デザインワークショップ】vol.4 モデル写真のレタッチ(ポートレート編)

 

 

6. シャドウのレイヤーの透明度を調整する

 

【デザインワークショップ】vol.4 モデル写真のレタッチ(ポートレート編)

 

 

STEP4.周辺減光を加えて雰囲気のある写真に仕上げる

 

1. レイヤーを複製しわかりやすいように名前をつける

 

【デザインワークショップ】vol.4 モデル写真のレタッチ(ポートレート編)

 

 

2. CameraRawフィルターから周辺減光の効果をつける

 

【デザインワークショップ】vol.4 モデル写真のレタッチ(ポートレート編)

 

 

3. 周辺減光のレイヤーの透明度を調整する

 

【デザインワークショップ】vol.4 モデル写真のレタッチ(ポートレート編)

 

 

では、編集前の写真とレタッチを加えたものを比べてみましょう

 

【編集前】

【デザインワークショップ】vol.4 モデル写真のレタッチ(ポートレート編)

 

【編集後】

【デザインワークショップ】vol.4 モデル写真のレタッチ(ポートレート編)

 

いかがでしょうか、ライティングされているかの様な、光が当たる部分と陰になるところのコントラストが強調され、伝わる印象が変わりますね。あくまでアクセントをつけることが目的なので、雰囲気が全く変わってしまうくらいの変化は避けたほうがよさそうです。

 

いつもの写真に一手間加えるだけで、これだけ印象を変えることができます。人物写真をメインイメージに使うデザインなどを制作する時に試してみたくなるテクニックですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
>>記事一覧に戻る