0%

Designデザインワークショップ

Posted:2016.01.13

イメージ別の配色についてまとめてみる(1)

今回はデザインをする上でも悩む時が多い配色についての記事をまとめてみました。適当に決めたり、その時の気分に任せるのではなく、きちんと理論に裏付けされたカラーの選択が必要です。イメージ別に代表的な配色をあげていますので是非参考にしてみてください。

 

【目次】

  1. デザインの中で色が与える効果
  2. 1. 高級なイメージの配色
  3. 2. ポップなイメージの配色
  4. 3. 高貴なイメージの配色
  5. 4. 素朴なイメージの配色
  6. 5. ダイナミックなイメージの配色
  7. 6. ソフトなイメージの配色
  8. 7. モダンなイメージの配色
  9. 8. レトロなイメージの配色

 

デザインの中で色が与える効果

デザインをするなかで色というのはとても重要な役割を果たします。その色が持つイメージがそれぞれ存在し、目的にや用途に合わせた配色を行います。

 

例えば、赤色からは情熱的なイメージや戦闘的なイメージを感じ取ることができ、青色であれば誠実さや冷徹感などいった具合に、世間一般として色の持つ心理的効果はある程度、統一しており認知もされています。

 

それらをうまく組み合わせることで、より効果的にイメージを伝えることができます。

 

その効果は広告やメディアとして活用するウェブサイトでも非常に有効です。色の持つ力が売り上げや業績につながるといっても過言ではありません。それぞれの色が持つ効果をしっかりと理解しイメージに合わせた配色をすることが大切です。

 

1. 高級なイメージの配色

イメージ別の配色についてまとめてみる(1)

 

ローコントラスト・低明度・ダークトーン・金属色

黒やエンジ色、ダークブラウンなどの重厚感や深みのあるダークトーンがよく使用されます。またゴールドをはじめとした金属色も効果的です。

 

2. ポップなイメージの配色

イメージ別の配色についてまとめてみる(1)

 

ハイコントラスト・高明度・高彩度・ビタミンカラー

イエロー、ライトグリーン、オレンジなどのいわゆる「ビタミンカラー」をメインに使用することでポップな雰囲気を表現できます。明るく鮮やかなトーンにすることでより強調されます。

 

3. 高貴なイメージの配色

イメージ別の配色についてまとめてみる(1)

 

低明度・中彩度

深みのある色で配色することにより、品位が高い印象を与えます。彩度は低くすぎると華やかさがなくなり、高すぎると品がなくなってしまいます。

 

4. 素朴なイメージの配色

イメージ別の配色についてまとめてみる(1)

 

ローコントラスト・中明度・低彩度・アースカラー

コントラストと彩度を抑えて控えめな配色になります。派手さを出さずに地味さを表現します。色相は自然界に存在するアースカラーをメインに。

 

5. ダイナミックなイメージの配色

イメージ別の配色についてまとめてみる(1)

 

ハイコントラスト・高彩度・ビビットカラー

コントラストと彩度を上げ、メリハリをつけることによりインパクトが高い配色になります。目立たせるために原色に近いビビットカラーを使うのも効果的です。

 

6. ソフトなイメージの配色

イメージ別の配色についてまとめてみる(1)

 

ローコントラスト・高明度・低彩度・パステルカラー

高明度で低彩度のペールトーンと呼ばれる色域で表現します。パステルカラーと呼ばれる淡い色などが含まれます。コントラストを下げ、統一感を出すこともポイントです。

 

7. モダンなイメージの配色

イメージ別の配色についてまとめてみる(1)

 

ハイコントラスト・高彩度・モノトーン+ビビットカラー

メリハリがあり、アーティスティックで奇抜な配色が多くなります。モノトーンにビビットカラーを加えると表現しやすくなります。色数は少なくなるように抑えたほうが綺麗に見えます。

 

8. レトロなイメージの配色

イメージ別の配色についてまとめてみる(1)

 

ローコントラスト・中明度・中彩度・中間色

ダルトーンと呼ばれる、中明度中彩度のトーンをメインに使うことでくすんだ印象を表現します。トーンだけでなく色相についても暖色と寒色の中間色であるグリーンやブラウン、パープルなどを使うとより雰囲気が出ます。

 

 

いかがでしょうか、このようにカラーの特性を生かしながら、ロジカルに配色を行うことでイメージや雰囲気を効果的に伝えることができます。引き続き、「イメージ別の配色についてまとめてみる(2)」の記事でいろんな配色パターンをまとめていきたいと思います。

 

 

author
この記事を書いた人オガワ シンヤ
FacebookTwitter

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

制作のご依頼やお問い合わせ・パートナー業務提携のご相談はこちら

デザインやウェブ制作についてのご依頼やご相談、その他お問い合わせなどもお気軽にご連絡ください。フットワークの軽さやレスポンスの早さ、また豊富な経験や知識、技術を活かした対応力といったフリーランスクリエイターの強みでクライアント様、パートナー企業様のお力になります。デザインからコーディングやWordPress実装といったウェブサイト構築はもちろん、写真撮影や動画編集、コンテンツ制作からサイト運用サポートまで一括してお任せください。

ホームページ制作のご検討やウェブ運用でお悩みの経営者様や企業のウェブ担当者様をはじめ、個人で店舗を営んでいらっしゃるオーナー様、フリーで活動されているビジネスオーナー様はもちろんのこと、リソース不足でお困りの制作会社様、またクリエイターをお探しの代理店様も大歓迎です。

コンタクトをご希望の方はお手数ですが、下記よりお問い合わせフォームのページへアクセスしていただき、必要事項を入力の上メッセージを送信してください。確認でき次第すぐに折り返しご連絡致します。

こんな記事も読まれています

コメントもお気軽にどうぞ

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


ページトップへ
大阪市天王寺区のホームページ制作デザイン事務所(SOHO)DesignSupply.【デザインサプライ】