0%

Designデザインワークショップ

Posted:2015.07.06

WordPressでよく使うテンプレートタグのまとめ【条件分岐タグ】

前回の記事「WordPressでよく使うテンプレートタグのまとめ【インクルード・出力・ループタグ】 」ではいろんなテンプレートタグを紹介しましたが、今回は条件分岐タグと呼ばれるとても便利なテンプレートタグについてまとめていきます。

条件分岐とは?

条件分岐とは、プログラミング上で指定された条件を満たされているかどうかを判断しプログラムの処理を実行することをいいます。

 

プログラミングの構文などでは、if文やif..else文、そしてswitch文というものがありますが、WordPressでも同じような処理を行ってくれるものがあります。それが今回紹介する条件分岐タグというテンプレートタグです。

 

WordPressにおいては、この条件分岐を使うことでページごとに表示するコンテンツを変更できたりデザインなども分けたりすることができます。

 

主なWordPressの条件分岐タグ
<?php if ( is_home() ): ?> トップページ(投稿ページ)が表示されているかを判断します
<?php if ( is_front_page() ): ?> トップページ(固定ページ)が表示されているかを判断します
<?php if ( is_single() ): ?> 個別投稿ページが表示されているかを判断します
<?php if ( is_page() ): ?> 固定ページが表示されているかを判断します
<?php if ( is_archive() ): ?> アーカイブページが表示されているかを判断します
<?php if ( is_category() ): ?> カテゴリーのアーカイブページが表示されているかを判断します
<?php if ( is_tag() ): ?> タグのアーカイブページが表示されているかを判断します
<?php if ( is_tax() ): ?> カスタム分類のアーカイブページが表示されているかを判断します
<?php if ( is_paged() ): ?> 2ページ目以降のページが表示されているかを判断します
<?php if ( is_user_logged_in() ): ?> ユーザーがログインしているかを判断します

 

条件分岐パターン別の使い方

条件の指定は上記の条件分岐タグを使用し、次のように記述していきます。

 

 

【単一の条件に合った場合】

 

<?php if ( 条件分岐タグA ) : ?>

  // Aの条件に合った場合の処理を記述します

<?php endif; ?>

 

 

【単一の条件に合った場合と合わない場合】

 

<?php if ( 条件分岐タグA ) : ?>

  // Aの条件に合った場合の処理を記述します

  <?php else: ?>

    // Aの条件に合わない場合の処理を記述します

<?php endif; ?>

 

 

【複数の条件があり、各条件に合わせる場合】

 

<?php if ( 条件分岐タグA ) : ?>

  // Aの条件に合った場合の処理を記述します

  <?php elseif ( 条件分岐タグB ) : ?>

    // Aの条件に合わず、Bの条件に合う場合の処理を記述する

 <?php elseif ( 条件分岐タグC ) : ?>

    // Aの条件とBの条件に合わず、Cの条件に合う場合の処理を記述する

<?php endif; ?>

 

 

【複数の条件があり、各条件に合わせる場合と全ての条件に合わない場合】

 

<?php if ( 条件分岐タグA ) : ?>

  // Aの条件に合った場合の処理を記述します

  <?php elseif ( 条件分岐タグB ) : ?>

    // Aの条件に合わず、Bの条件に合う場合の処理を記述する

 <?php elseif ( 条件分岐タグC ) : ?>

    // Aの条件とBの条件に合わず、Cの条件に合う場合の処理を記述する

 <?php else: ?>

  // 全ての条件に合わない場合の処理を記述する

<?php endif; ?>

 

 

論理演算子を使ったより複雑な条件の指定

PHPのプログラミングでも登場する、論理演算子という条件式を使うことで複数の条件を掛け合わせることができます。「◯◯かつ□□…」や「◯◯もしくは□□…」という単一の条件では指定ができない場合に使います。

 

【主な演算子の例】

<?php if ( 条件A && 条件B ): ?> 条件Aかつ条件B( and:どちらにも合う)
<?php if ( 条件A || 条件B ): ?> 条件Aもしくは条件B( or:どちらか一方に合う)
<?php if ( ! 条件A ): ?> 条件Aではない( not:条件以外の時)
<?php if ( 条件A xor 条件B ): ?> 条件Aもしくは条件Bでかつ、どちらか一方だけに合う
<?php if ( 条件A == 条件B ): ?> 条件Aと条件Bが等しい場合
<?php if ( 条件A !== 条件B ): ?> 条件Aと条件Bが等しくない場合
<?php if ( 条件A < 条件B ): ?> 条件Aが条件Bより小さい場合
<?php if ( 条件A > 条件B ): ?> 条件Aが条件Bより大きい場合
<?php if ( 条件A <= 条件B ): ?> 条件Aが条件B以下の場合
<?php if ( 条件A >= 条件B ): ?> 条件Aが条件B以上の場合

 

<< 使用例 >>


<?php if ( is_front_page() || is_page() ): ?>

  echo '<span>フロントページか固定ページの場合に表示するテキスト</span>';
    // フロントページか固定ページが表示された場合の条件分岐

<?php endif; ?>

 

 

いかがでしょうか、少し難しいかもしれませんがこの条件分岐タグを使いこなすことによって、ページ単位でより細かな仕様が指定できるようになります。カスタマイズの幅を広げるためにも是非役立ててみてはいかがでしょうか。

 

 

author
この記事を書いた人オガワ シンヤ
FacebookTwitter

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

制作のご依頼やお問い合わせ・パートナー業務提携のご相談はこちら

デザインやウェブ制作についてのご依頼やご相談、その他お問い合わせなどもお気軽にご連絡ください。フットワークの軽さやレスポンスの早さ、また豊富な経験や知識、技術を活かした対応力といったフリーランスクリエイターの強みでクライアント様、パートナー企業様のお力になります。デザインからコーディングやWordPress実装といったウェブサイト構築はもちろん、写真撮影や動画編集、コンテンツ制作からサイト運用サポートまで一括してお任せください。

ホームページ制作のご検討やウェブ運用でお悩みの経営者様や企業のウェブ担当者様をはじめ、個人で店舗を営んでいらっしゃるオーナー様、フリーで活動されているビジネスオーナー様はもちろんのこと、リソース不足でお困りの制作会社様、またクリエイターをお探しの代理店様も大歓迎です。

コンタクトをご希望の方はお手数ですが、下記よりお問い合わせフォームのページへアクセスしていただき、必要事項を入力の上メッセージを送信してください。確認でき次第すぐに折り返しご連絡致します。

コメントもお気軽にどうぞ

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

CAPTCHA


ページトップへ
大阪市天王寺区のホームページ制作デザイン事務所(SOHO)DesignSupply.【デザインサプライ】