Ownedmedia ウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

Sketch 2019.09.07

Sketchで中華風デザインに使える雷文模様を描いてみる

Tags: ,,

過去にもSketchを使って簡単な図形や模様を描いてきましたが、今回は中華風のデザインによく見かける「雷文模様」を作成してみたいと思います。ラーメンの器に描かれているあの模様ですね。

 

【こちらの記事もどうぞ】
・Sketchで手書き風のいびつな形の円を描いてみる
・Sketchで和風デザインに使えるヱ霞文様を描いてみる
・Sketchで陰陽太極図のマークを描いてみる

 

ちなみに雷文模様ですが、中国では縁起の良い柄としていろんなところで用いられているようですね。それでは早速作成してみましょう。

 

まずは矩形のオブジェクトを6つ作成していきます。その際にそれぞれ縦横の長さを、1:2・1:3・1:4・1:5・1:6・1:6というサイズで作成していきます。また奇数順と偶数順のもので色分けしておくと後の作業がわかりやすくなります。

Sketchで中華風デザインに使える雷文模様を描いてみる

 

奇数順のものを全て90度回転させます。垂直方向に長くなるようにしておきます。

Sketchで中華風デザインに使える雷文模様を描いてみる

 

全てのオブジェクトを渦巻き型になるよう配置していきます。全て要素の端に合わせていくことになるので整列の機能をうまく使っていきます。

Sketchで中華風デザインに使える雷文模様を描いてみる

 

全てのオブジェクトを選択し、「Union」で合体させます。これで一つのベクター図形になりました。

Sketchで中華風デザインに使える雷文模様を描いてみる

 

合体させたオブジェクトをコピーして、垂直方向・水平方向に反転させて下記の図のように配置させます。

Sketchで中華風デザインに使える雷文模様を描いてみる

 

配置した2つのオブジェクトの背面に全体が収まるように矩形オブジェクトを敷いていきます。この時上下方向には、オブジェクトの線の太さと同じ余白をそれぞれ確保しておきます。

Sketchで中華風デザインに使える雷文模様を描いてみる

 

2つの渦巻き型のオブジェクトと背景の矩形を全て選択し、「Subtract」で前面オブジェクトで型抜きします。これで雷文模様のパーツが出来上がりました。

Sketchで中華風デザインに使える雷文模様を描いてみる

 

あとは色をつけて、デザインに合わせてフレーム状に配置したりして使用します。今回作成した雷文模様を使ってサンプルのデザインを作成してみました。中華風のイメージに仕上がりましたね。

Sketchで中華風デザインに使える雷文模様を描いてみる

 


 

今回はSketchで雷文模様を作成してみました。中華風のデザインやイメージを作成したい時には使えるのではないでしょうか。円状に作成したい場合などはIllustratorを使う必要はありそうですが、四角形のフレームとして作成する場合にはSketchでも十分対応できますね。

この記事を書いた人

オガワ シンヤ

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

  • Twitter

コメントフォーム

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、お名前・ハンドルネームとメールアドレスを入力いただき、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA


この記事もよく読まれています

Scroll to Top
ご質問・ご相談はありませんか ?