Ownedmedia ウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

Photoshop 2019.07.05

Photoshopで輝きのある派手な立体装飾文字を作成する

Tags: ,,,

今回の記事は、パチンコ店のポスターやスマホゲームの広告バナー、アミューズメント系でよく見かけるギラギラした派手な立体文字の装飾をPhotoshopを使って作成していきたいと思います。

 

似たような文字装飾では、過去記事「【デザインワークショップ】vol.5 袋文字のテキストをスポーツ新聞風に表現してみる 」にてIllustratorを使った方法についてまとめていますが、今回はPhotoshopを使うことで立体的でリアルな輝き感を表現することができます。それでは早速始めてみたいと思います。

 

まずはベースとなるテキストを用意します。書体に関してはもちろん太いゴシックや明朝体がオススメです。字間は少し詰めておいたほうがよさそうですね。

Photoshopで輝きのある派手な立体装飾文字を作成する

 

テキストに対して「レイヤースタイル」を新規で作成し「グラデーションオーバーレイ」で任意のグラデーションを塗ります。

Photoshopで輝きのある派手な立体装飾文字を作成する

 

次に「ベベルとエンボス」を選択し、スタイルの項目を「ベベル(内側)」に設定して、テキストに盛り上がったような立体感を加えます。この時メリハリがある程度つくようにするといい感じに仕上がります。

Photoshopで輝きのある派手な立体装飾文字を作成する

 

そして「輪郭」の項目もチェックを入れて、立体感がより際立つようにしておきます。

Photoshopで輝きのある派手な立体装飾文字を作成する

 

次に「境界線」の項目からテキストの縁を加えます。ここでは境界線の塗りを「グラデーション」にしています。幅はやや太めに設定しておきます。

Photoshopで輝きのある派手な立体装飾文字を作成する

 

さらに「境界線」を追加して、先ほど作成した境界線の上に移動させます。そして、テキストと境界線の間に入るよう新たに境界線を追加します。ここでは白色のベタ塗りを加えることで、テキスト自体がよりくっきりと見えるようにしています。

Photoshopで輝きのある派手な立体装飾文字を作成する

 

レイヤースタイルで作成したテキストをコピーします。コピーしたテキストのレイヤースタイルで、一番外側の境界線を削除し、新たに「ドロップシャドウ」を加えます。見た目としては、2つの境界線の間に影が入るようなかたちになります。

Photoshopで輝きのある派手な立体装飾文字を作成する

 

背面のテキストをレイヤースタイルごとラスタライズし、ビットマップの画像に変換します。

Photoshopで輝きのある派手な立体装飾文字を作成する

 

ラスタライズしたテキストのレイヤーに対して、レイヤースタイルを加えていきます。まずは先ほどと同じように「ベベルとエンボス」から「ベベル(内側)」を適用し、2つ目の境界線部分を立体的に見えるようにします。ポイントとしては「深さ」のところを、先ほどより深くして(数値を上げておく)と自然に見えます。

Photoshopで輝きのある派手な立体装飾文字を作成する

 

同じく、ベベルに対して「輪郭」の効果を加えます。よりコントラストが強くなりました。

Photoshopで輝きのある派手な立体装飾文字を作成する

 

そしてさらに一番外側になるよう「境界線」を太めに追加します。ここでも塗りはグラデーションにしています。

Photoshopで輝きのある派手な立体装飾文字を作成する

 

先ほど作成したレイヤースタイルをラスタライズした後、再びレイヤースタイルを追加し、「ベベルとエンボス」から「ベベル(内側)」を追加します。一番外側の境界線も立体的に見えるようにします。

Photoshopで輝きのある派手な立体装飾文字を作成する

 

仕上げとしてアウトラインに薄く細く黒色の「境界線」を入れてあげることで、より締まりのあるデザインになります。これでレイヤースタイルの作業は終わりになります。

Photoshopで輝きのある派手な立体装飾文字を作成する

 

続いて「色調補正」から「自然な彩度」の調整レイヤーを追加し、彩度の値を上げてより派手なイメージになるようにしていきます。

Photoshopで輝きのある派手な立体装飾文字を作成する

 

テキスト部分のレイヤーを1つのレイヤーとしてラスタライズしビットマップに変換します。この時テキストレイヤーをコピーしておくと後から修正できるので安心です。そして、ラスタライズした画像に「覆い焼きツール」でハイライトを入れていきます。ここではグラデーションの明るい部分と、左上の縁部分に入れています。描画色も白にしておきましょう。

Photoshopで輝きのある派手な立体装飾文字を作成する

 

最後に「焼き込みツール」でハイライトの時と同じ要領でシャドウを入れていきます。描画色は黒にしておきましょう。

Photoshopで輝きのある派手な立体装飾文字を作成する

 

これで、輝きのある派手な立体文字が完成しました。デザインによっては自由変形で斜体にしたり、台形のようにすることで動きや奥行き感なども表現できますね。今回のサンプルはこのような感じに仕上がりました。

Photoshopで輝きのある派手な立体装飾文字を作成する

 

今回のデザインはよりグラフィックな要素が強いので、UIデザインではなく広告デザインの制作現場で使えるテクニックになるのではないでしょうか。よりインパクトの強い訴求力アップが必要なシーンでぜひ試してみてください。

この記事を書いた人

オガワ シンヤ

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

  • Twitter

コメントフォーム

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、お名前・ハンドルネームとメールアドレスを入力いただき、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA


この記事もよく読まれています

Scroll to Top
ご質問・ご相談はありませんか ?