Ownedmedia ウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

ワークショップ 2016.07.13

【デザインワークショップ】vol.9 テーマ「カラフル」でデザインワーク

Tags: ,,,
最終更新日:Update

9回目のデザインワークショップは「カラフル」をテーマにビジュアルデザインを作成してみたいと思います。カラフルを表現するのに様々なアプローチがありますが、このデザインワークで使用する女性モデルの写真に合わせたきらびやかなイメージを目指していきたいと思います。

 

今回のモデルとなる写真はこちらです。

dws0713-000

Copyright:True Portraits

 

Photoshopでいろんな色をグラデーション状に重ねていく

 

1.写真を切り抜き(もしくはマスクをかける)背景のレイヤーを入れる

 

dws0713-001

 

 

2.ブラシのサイズ、硬さ、流量などを調整し柔らかいタッチのブラシを設定する

 

dws0713-002

 

 

3.ブラシを描く用の新規レイヤーを追加

 

dws0713-003

 

 

4.作成したレイヤーに鮮やかなカラーのブラシで描いていく

 

dws0713-004

 

 

5.カラーモードを覆い焼きにして、写真となじませる

 

dws0713-005

 

 

6.レイヤーを追加し、いろんな色を加えていく

 

dws0713-006

 

 

7.トーンカーブの調整レイヤーでモデル写真のコントラストを調整する

 

dws0713-007

 

 

8.ブラシのレイヤーに対してカラーハーフトーンのフィルターを入れる

 

dws0713-008

 

 

9.ポスタリゼーションの調整レイヤーで階調数を減らしモデル写真にコントラストをつける

 

dws0713-009

 

 

最後に全体のデザインに合うように光や波のイメージを加えて完成です。

 

dws0713-010

 

 

いかがでしょうか、カラフルなグラデーションが幻想的なイメージに仕上がりました。ちなみに今回のデザインでは次のカラーを使用しました。

 

  • オレンジ:#ff7200
  • ブルー:#0096ff
  • グリーン:#00de49
  • ピンク:#ff0066
  • パープル:#482DFB
  • イエロー:#ffe400

 

このテクニックは応用するといろんなシーンで使用できると思います。今回は6色使いましたが色数を抑えるとバランス良く仕上がり使いやすいのではないでしょうか。

 

この記事を書いた人

オガワ シンヤ

合同会社デザインサプライ代表兼CEO / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

  • Twitter

コメントフォーム

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、お名前・ハンドルネームとメールアドレスを入力いただき、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA


この記事もよく読まれています

Scroll to Top
ご質問・ご相談はありませんか ?