OWNED MEDIAウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

.htaccessを使ってHTMLファイルでPHPを実行できるようにする

最終更新日:2019.6.21 Update!!
先日、とあるクライアントさんからの案件で、タイトルの通りHTMLファイルでPHPを実装させたいという依頼があり、あまり使わないこともあり、この機会にメモとして残しておきたいと思います。と言っても簡単に対応できすぐに終わります。具体的な方法としては.htaccessもしくは\apache\conf\http.confの設定ファイルに次の指定をする必要があります。下記は.htaccessのファイルに記述するサンプルになります。 【.htaccess】
# AddTypeを使う場合
AddType application/x-httpd-php .php .html

# AddHandlerを使う場合
AddHandler application/x-httpd-php .php .html
  2通りあるのですが、どちらか一方で大丈夫とのことです。サーバーの状況によって適用される方を選択します。(apacheの設定ファイルに記述する場合にはhttp.confに同じような感じで記述します。)また、各社レンタルサーバーでの使用の場合は少し表記が異なる場合があるので注意が必要です。ちなみにエックスサーバーで比較的新しいバージョンの場合は下記のような記述でPHPが使えるようになりました。
AddHandler fcgid-script .html
  その他にも、モジュール版でなくCGI版のPHPを使っているレンタルサーバーの場合には下記のようにPHPのバージョンを指定する方法もあるようです。詳しくは各社レンタルサーバーのサポートへお問い合わせください。
# ***には使用バージョンの数値が入ります
AddHandler php***-script .htm .html
  セキュリティリスクやサーバーへの負荷を考えるとあまり使わない方が良さそうですね。PHPはPHPファイルで実行するようにするのがベターなのではないでしょうか。   (参考にさせていただいたサイト) 2017年版:エックスサーバー(Xserver)で、PHPを拡張子.htmlのファイル内で動作させる
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Linkedin
  • Feedly

この記事を書いた人

Twitter

SPONSORED

    KEYWORD SEARCH

    RECENT POSTS

    合同会社デザインサプライ -DesignSupply. LLC-

    サイト制作・開発 / 各種デザイン制作 / ウェブプロモーション企画

    合同会社デザインサプライ(DesignSupply. LLC)

    Office:大阪府大阪市天王寺区清水谷町3-22
    Email:info@designsupply-web.com
    • Twitter
    • Github
    CONTACT USSCROLL TO TOP
      • Facebook
      • Twitter
      • Github
      • Instagram