OWNED MEDIAウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

JavaScriptで一定時間ごとにページの自動リロードを行う

2019年一発目の記事投稿です。今年も当サイトのオウンドメディアをよろしくお願いいたします。ありがたいことに新年早々、コーディング作業に追われているところで、その時に使えそうなものをメモしておきたいと思います。今回はタイトルの通りなのですが、ページの自動リロードを一定時間ごとに行うものです。最近ではスポーツのリアルタイム実況サイトなどでよく見かける機能ですね。   コーディング作業中は基本的にGulpでいろんなタスクを走らせており、その中でもファイル更新のタイミングでローカルサーバーと連携したページの自動リロードなどを使っています。(参考記事「Gulp + Browsersyncを使ったブラウザ自動リロードでコーディング効率化を目指す」)   これも大変便利なのですが、使っているうちにメモリ消費量がかなり増えてきて、だんだんPCの動作が重たくなってくることもしばしばあります。。特に開発専用のPCではなく、出先で作業する場合などはあまりメモリを積んだPCでない場合もあるので、ストレスに感じていました。   とはいえ、いちいちブラウザのリロードを行うのも面倒、、ということで、JavaScriptでタイマーを設定したページの自動リロードを行うスクリプトを入れてみました。と言っても数行のコードで実装できてしまいます。 【javascript】
const timer = 60000    // ミリ秒で間隔の時間を指定
window.addEventListener('load',function(){
  setInterval('location.reload()',timer);
});
  「setInterval」は一定時間ごとに実行させる関数です。引数に実行させる関数と、間隔の時間をミリ秒で指定します。ただし、ページがロードされたイベントで実行させているため、実際には一定時間経過後に実行させる関数の「setTimeout」を使っても同じようになります。タイマーの時間は変数で保持させても、直接引数に指定してもどちらでもOKです。   ちなみに他のサイトにもあった情報によると、下記のHTMLのメタタグでも自動リロードが設定できるようですね。リロードまでの秒数を指定し、こちらではリダイレクト先のURLも直接指定できます。ただし、デバッグ目的でHTMLを編集するのはワークフロー上あまりよろしくないのでしょうか、、
<meta http-equiv="refresh" content="[秒数]; URL=[リダイレクトURL]">
 
  いかがでしょうか、このようにコーディング効率化目的で使うのもいいですし、実際に自動リロード機能として実装する時にも使えるのではないでしょうか。   (参考にさせて頂いたサイト) ブラウザを自動的にリロードするいくつかの方法
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Linkedin
  • Feedly

この記事を書いた人

Twitter

SPONSORED

    KEYWORD SEARCH

    RECENT POSTS

    合同会社デザインサプライ -DesignSupply. LLC-

    サイト制作・開発 / 各種デザイン制作 / ウェブプロモーション企画

    合同会社デザインサプライ(DesignSupply. LLC)

    Office:大阪府大阪市天王寺区清水谷町3-22
    Email:info@designsupply-web.com
    • Twitter
    • Github
    CONTACT USSCROLL TO TOP
      • Facebook
      • Twitter
      • Github
      • Instagram