OWNED MEDIAウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

javascriptの変数宣言「var」「let」「const」を使い分ける

javascriptに限らず、プログラミングをする上で変数を扱うことは多々あります。今回はJavaScriptで使う変数の「var」「let」「const」について、違いや使い分けのポイントをまとめておきたいと思います。これまでもあまり気にせずコーディングをしていたのですが、思わぬところで障害の原因になりうるので改めて理解したいと思います。  
var 基本的な変数宣言で関数スコープのため、ある関数内で使われた場合その中でしか使うことができない。
let ECMAScript2015以降で使える新しい変数宣言で、ブロックスコープのため、宣言前に参照することはできない。再代入も可能である。
const ECMAScript2015以降で使える新しい変数宣言で、ブロックスコープのため、宣言前に参照することはできない。再代入ができない定数となる。
  主な違いと特徴については上記の通りですが、他サイトの記事にも言われている通り、varは関数スコープが原因でバグの原因になりやすいので使用は控えるとのことです。ただ、ECMAScript2015以前の仕様が求められる場合にはletやconstが使えないため、varが必要になります。   ですが、そういうケースはほとんどないかと思います。つまり、letかconstで変数を宣言するのが良いみたいですね。letとconstの使い分けですが、再代入ができるか、定数と扱うかの違いになります。   そうすると、ほとんどのケースはconstを使うことになり、for文など変数の内容が変わる場合にはletを使うという形になりますね。
const hoge = 'ほげ';

for(let i = 0; i < 10; i++) {

}
  あまり気にしなかったのですが、詳しく意味を理解することはやはりコーディングをする上でも大事なことなので、これを機にしっかり覚えておきたいと思います!   (参考にさせて頂いたサイト) var/let/constの使い分けのメモ
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Linkedin
  • Feedly

この記事を書いた人

Twitter

SPONSORED

    KEYWORD SEARCH

    RECENT POSTS

    合同会社デザインサプライ -DesignSupply. LLC-

    サイト制作・開発 / 各種デザイン制作 / ウェブプロモーション企画

    合同会社デザインサプライ(DesignSupply. LLC)

    Office:大阪府大阪市天王寺区清水谷町3-22
    Email:info@designsupply-web.com
    • Twitter
    • Github
    CONTACT USSCROLL TO TOP
      • Facebook
      • Twitter
      • Github
      • Instagram