OWNED MEDIAウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

さくらVPS + CentOS7にNode.jsをインストールする

ローカル環境にはNode.jsをインストールすることがあったのですが、今回はリモートのVPSサーバー内にNode.jsを入れることがありましたので備忘録としてメモ。基本的にはローカルとほぼ同じではないでしょうか。   まずはVPSサーバーへsshでログインし、一般ユーザーでユーザーのディレクトリ階層まで移動します。
$ cd ~/
  ローカルの時と同じくNode.jsのバージョン管理を行うため「nodebrew」経由でNode.jsをインストールしていきます。下記コマンドでまずはnodebrewをインストールします。
$ curl -L git.io/nodebrew | perl - setup
  インストールが完了したら「.bash_profile」に環境変数のパスを通します。保存して設定を反映させるのを忘れないようにします。最後にnodebrewのバージョンを確認します。
$ vim .bash_profile

// 下記のようにパスを通す
export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

$ source ~/.bash_profile

$ nodebrew -v
  nodebrewのコマンドでインストール対象のバージョンを確認しておきます。
$ nodebrew ls-remote
  下記のコマンドで任意のバージョンを指定しインストールしていきます。
// 推奨安定版
$ nodebrew install-binary stable
// バージョン指定
$ nodebrew install-binary [VERSION]
  インストール済みのNode.jsのバージョンを確認します。ここから使用するバージョンを指定します。
$ nodebrew ls
v8.11.1
v10.2.1

$ nodebrew use [VERSION]
  指定したバージョンが表示されていればOKです。
$ node -v
  今回はNode.jsをインストールしただけですが、これでサーバーにNode.jsの環境が整ったのでいろんなことができる準備が整いました。以降はまた別記事でまとめていきたいと思います。   (参考にさせて頂いたサイト) さくらVPSを契約してCentOS6.4をNode.js Webアプリケーションサーバーとして構築するチュートリアル
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Linkedin
  • Feedly

この記事を書いた人

Twitter

SPONSORED

    KEYWORD SEARCH

    RECENT POSTS

    合同会社デザインサプライ -DesignSupply. LLC-

    サイト制作・開発 / 各種デザイン制作 / ウェブプロモーション企画

    合同会社デザインサプライ(DesignSupply. LLC)

    Office:大阪府大阪市天王寺区清水谷町3-22
    Email:info@designsupply-web.com
    • Twitter
    • Github
    CONTACT USSCROLL TO TOP
      • Facebook
      • Twitter
      • Github
      • Instagram