OWNED MEDIAウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

Dockerfileで使う命令と書き方まとめ

最終更新日:2018.4.11 Update!!
引き続きDockerに関連した内容です。Dockerでイメージ作成に使う設定ファイルであるDockerfileの書き方についてまとめてみます。内容はどんなイメージを作成するかによって変わってきますがとりあえずは基本的なところを中心にメモ。   Dockerのコマンドについては過去記事「Dockerのコマンドでよく使うものまとめ」もご参考ください。  
Dockerfileとは
Dockerのイメージを作成するための設定ファイルで、作成したいイメージの内容をここに記述する。設定ファイルとしてイメージの内容をファイルで管理することで共有も簡単できるのがメリット。このDockerfileでの内容のイメージは、docker buildコマンドでイメージを作成することができます。   コマンドは下記のような形になり、作成するイメージの名前とタグを設定し、作成先のディレクトリを指定もしくは作成先のディレクトリに移動してコマンドを実行します。(その時にはパスの指定は「.」とします)
$ docker build -t [IMAGE_NAME]:[TAG] [Dockerfile_PATH]
    Dockerfileの書き方 Dockerfileは基本的に命令句の後に引数でいろんな指定を行う形になります。コメントも使えるのでわかりやすいように残しておきます。下記はサンプルになります。
# コメント
[命令] [引数]

===================

# Dcokerfile sample
FROM centos:centos7
MAINTAINER admin <admin@example.com>

# web server install
RUN yum install -y httpd
………
  主な命令については下記一覧のようになっています。用途や必要に応じて使い分けていきます。  
FROM ベースとなるDockerイメージを指定する
MAINTAINER 作成者の情報を設定する
RUN 指定したコマンドを実行する
ADD ディレクトリやファイルを作成する
COPY ディレクトリやファイルをコピーする
ENV 環境変数を設定する
EXPOSE 指定したポート番号を解放する
WORKDIR 作業用ディレクトリの指定
VOLUME ボリュームのマウント先の指定
CMD コンテナでの実行コマンドを指定(docker runで上書きされる)
ENTRYPOINT コンテナでの実行コマンドを指定(docker runで上書きされない)
    Dockerfileからイメージを作成することで、Docker Hubなどでイメージの公開や共有もできるようになります。こちらについてはまた後日まとめていきたいと思います。   (参考にさせて頂いたサイト) Dockerfileとdocker buildコマンドでDockerイメージの作成
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Linkedin
  • Feedly

この記事を書いた人

Twitter

SPONSORED

    KEYWORD SEARCH

    RECENT POSTS

    合同会社デザインサプライ -DesignSupply. LLC-

    サイト制作・開発 / 各種デザイン制作 / ウェブプロモーション企画

    合同会社デザインサプライ(DesignSupply. LLC)

    Office:大阪府大阪市天王寺区清水谷町3-22
    Email:info@designsupply-web.com
    • Twitter
    • Github
    CONTACT USSCROLL TO TOP
      • Facebook
      • Twitter
      • Github
      • Instagram