OWNED MEDIAウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

.htaccessの設定でオリジナルのエラーページを表示する

最終更新日:2020.11.9 Update!!
過去記事「ウェブサイト運用で知っておくと便利なHTTPレスポンスのステータスコード一覧」でサーバーから返ってくるエラーコードをまとめておりますが、エラーの場合はデフォルトだと英字でエラーの詳細が表示される仕様になっています。   .htaccessの設定でオリジナルのエラーページを表示する   この形ですとユーザー側からすると少し不親切になってしまいますので、ページトップへのリンクや少しデザインを入れてみるなどで、ユーザビリティを向上させることができます。そこで今回はオリジナルのエラーページを.htaccessを使って表示させる方法をまとめていきたいと思います。  
.htaccessへインデックスの非表示とエラー用のページを指定
今回の作業は.htaccessへ指定を行なっていくのですが、まずは下記の指定でデフォルトで表示されるディレクトリのインデックスページを表示させないようにしておきます。
Options -Indexes
  これでディレクトリのインデックスページが表示されなくなりますが、代わりに403エラー(Forbidden)が返ってきます。そこでこれらのエラー画面をオリジナルのページを表示させるように指定していきます。その前にそれぞれのエラー画面をHTMLで用意しておきます。   エラー画面が用意できれば下記の指定を.htaccessに追記していきます。具体的には各エラーに対応するHTML画面のページファイルを指定していく形になります。この時に注意したいのが、必ず相対パスで指定するようにしましょう。絶対パスで指定してしまうとリダイレクトされてしまうため正しくエラー処理ができなかったり、ソフト404エラーの対象となる場合があります。
ErrorDocument 400 /400error.php
ErrorDocument 401 /401error.php
ErrorDocument 403 /403error.php
ErrorDocument 500 /500error.php
ErrorDocument 503 /503error.php
  .htaccessの設定でオリジナルのエラーページを表示する   テストするとこんな感じで表示されるようになりました。表示頻度が高いのもは用意しておくのがいいのではないでしょうか。
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Linkedin
  • Feedly

この記事を書いた人

Twitter

SPONSORED

    KEYWORD SEARCH

    RECENT POSTS

    合同会社デザインサプライ -DesignSupply. LLC-

    サイト制作・開発 / 各種デザイン制作 / ウェブプロモーション企画

    合同会社デザインサプライ(DesignSupply. LLC)

    Office:大阪府大阪市天王寺区清水谷町3-22
    Email:info@designsupply-web.com
    • Twitter
    • Github
    CONTACT USSCROLL TO TOP
      • Facebook
      • Twitter
      • Github
      • Instagram