OWNED MEDIAウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

jQueryで特定の要素以外をクリックした時に操作させる方法

最終更新日:2018.1.7 Update!!
特定の要素以外をクリックした時に何らかの機能を実行するのは、モーダルやポップアップのウィンドウを閉じたりする時に便利です。jQueryを使うことで簡単に実装できるので備忘録としてのメモです。  
クリックイベントでクリックされた要素を取得し条件分岐させる
まずはサンプルのコードです。ターゲットとなる特定の要素にはidもしくはclassを振っておきます。javascriptの方はクリックイベントで「e」というイベントオブジェクトでクリックした要素を取得し、その要素がターゲットとなる要素の中に含まれているかをclosestで判別します。   【HTML】(一部抜粋)
<div class="wrap">
   <div id="clickTarget">ターゲット要素
   </div>
</div>
  【javascript】
$(document).on('click',function(e) {
   if(!$(e.target).closest('#clickTarget').length) {
     // ターゲット要素の外側をクリックした時の操作
   } else {
     // ターゲット要素をクリックした時の操作
   }
});
  いろいろと使いどころは多いので、重宝しそうですね!ユーザビリティ向上に活用してみてはいかがでしょうか。今回のサンプルはこちらに上げておりますのでご参考に!   (参考) jQueryで特定要素以外クリック時のイベントを取得する
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Linkedin
  • Feedly

この記事を書いた人

Twitter

SPONSORED

    KEYWORD SEARCH

    RECENT POSTS

    合同会社デザインサプライ -DesignSupply. LLC-

    サイト制作・開発 / 各種デザイン制作 / ウェブプロモーション企画

    合同会社デザインサプライ(DesignSupply. LLC)

    Office:大阪府大阪市天王寺区清水谷町3-22
    Email:info@designsupply-web.com
    • Twitter
    • Github
    CONTACT USSCROLL TO TOP
      • Facebook
      • Twitter
      • Github
      • Instagram