OWNED MEDIAウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

条件指定して記事を表示させるサブループのWP Queryパラメータ指定方法まとめ

最終更新日:2020.3.8 Update!!
WordPressにおいて投稿記事を表示させる時にはループを使いますが、パラメータに引数を入れることにより、いろいろな条件で絞り込んで表示することができます。今回はメインループとは別のサブループで用いるWP Queryについて、用途別にパラメータの指定方法についてまとめてみました。   基本的なサブループ(WP Query)の書き方は次の通りになります。
<?php
  $args = array(
    //変数にパラメータを指定
  );
 //サブループにパラメータを適用
  $the_query = new WP_Query( $args );
 //記事があるか無いかの判別
  if ( $the_query->have_posts() ) :
  while ( $the_query->have_posts() ) : $the_query->the_post();
?>
    //ループの部分(記事がある時の表示内容)
<?php endwhile; ?>
<?php else: ?>
    //記事がない時の表示内容
<?php endif; ?> //ループの終了
<?php
  wp_reset_postdata(); //ループの設定をリセット
?>
  上記コードに登場する最初の変数である$argsにパラメータを指定することで、ループの設定をすることができます。  
カテゴリー・タグに関する指定
カテゴリーのパラメータ指定
//カテゴリーIDで指定
'cat' => 7

//論理和:カテゴリースラッグで指定
'category_name' => 'slug001, slug002'

//論理和:カテゴリーIDで指定
'category__in' => array( 3, 8 )

//論理積:カテゴリースラッグで指定
'category_name' => 'slug001+slug002'

//論理積:カテゴリーIDで指定
'category__and' => array( 3, 8 )

//否定論理和:カテゴリーIDで指定
'category__not_in' => array( 3, 8 )
  タグのパラメータ指定
//タグスラッグで指定
'tag' => 'slug001'

//タグIDで指定
'tag_id' => 7

//論理和:タグIDで指定
'tag__in' => array( 4, 8)

//論理和:タグスラッグで指定
'tag_slug__in' => array( 'slug001', 'slug002')

//論理積:タグIDで指定
'tag__and' => array( 4, 8)

//論理積:タグスラッグで指定
'tag_slug__and' => array( 'slug001', 'slug002')

//否定論理和:タグIDで指定
'tag__not_in' => array( 4, 8)
   
著者・日付に関する指定
著者のパラメータ指定
//著者IDで指定
'author' => '2,6,9'

//著者nicenameで指定
'author_name' => 'user_nicename001'

//論理和:著者IDで指定
'author__in' => array( 2,6,9 )

//否定論理和:著者IDで指定
'author__not_in' => array( 2,6,9 )
  日付のパラメータ指定
//西暦を4桁で指定
'year' => 2016

//月を指定
'monthnum' => 12

//西暦と月を指定
'm' => 201604
   
カスタム分類・カスタムフィールドに関する指定
タクソノミーのパラメータ指定
//単一のタクソノミーを指定
'tax_query' => array(
    array(
      //タクソノミー(カスタム分類)を指定
        'taxonomy' => 'taxonomy100',
     //先述の指定方法をスラッグに
        'field' => 'slug',
      //指定したタクソノミーが持つターム名
        'terms' => array( 'terms101', 'terms102' ), 
      //子孫タクソノミーを持つ場合に含めるかどうか(初期値はtrue)
        'include_children' => true,
    //演算子の指定(初期値はIN、'IN' 'NOT IN' 'AND'が使用可能)
        'operator' => 'IN' 
    )
)

//複数のタクソノミーを指定
'tax_query' => array(
  //複数のタクソノミーを扱う場合の指定(AND、OR)
  'relation' => 'AND',
      array(
          'taxonomy' => 'taxonomy100',
          'field' => 'slug',
          'terms' => array( 'terms101', 'terms102' ),     
          'include_children' => true,                           
          'operator' => 'IN'                  
      ),
   //カンマでつなげて記述する
      array(
          'taxonomy' => 'taxonomy200',         
          'field' => 'slug',                              
          'terms' => array( 'terms203', 'terms206' ),     
          'include_children' => false,                           
          'operator' => 'NOT IN'                  
      )
)
  カスタムフィールドのパラメータ指定
//カスタムフィールドのキー名で指定
'meta_key' => 'KEY_NAME'

//カスタムフィールドの属性値名で指定
'meta_value' => 'VALUE_NAME'

//カスタムフィールドの属性数値で指定
'meta_value_num' => 18
   
その他パラメータ指定
//投稿記事のIDで指定
'p' => 48

//論理和:複数の投稿記事のIDで指定
'post__in' => array( 104, 102, 100, 92, 90, 88 )

//投稿記事のスラッグで指定
'name' => 'slug-post001'

//固定ページのIDで指定
'page_id' => 5

//固定ページのスラッグで指定
'pagename' => 'slug-page001'

//投稿タイプのスラッグで指定
'post_type' => 'post'
//投稿タイプの種類で複数指定
'post_type' => array( 
 //通常の投稿
    'post',
  //固定ページ
    'page',
  //カスタム投稿タイプ(スラッグで指定)
    'custom-post-type-slug' 
)

//1ページあたりの投稿記事表示数を指定(-1で全ての記事を表示させる)
'posts_per_page' => 15

//現在のページ目次を取得(サブループでページネーションを使う場合に必要)
'paged' => get_query_var('paged')

//属性値の昇順で指定
'order' => 'ASC'

//属性値の降順で指定
'order' => 'DESC'

//日付などの条件指定で並び替える
'orderby' => 'date'

//ランダムに記事を表示
'orderby' => 'rand'
  その他にもいろいろなパラメータを設定することができます。これらのパラメータを実際にサブループ内で指定すると次のようになります。 【PHP】
<?php
  $args = array(
  'posts_per_page' => 15,
    'post_type' => 'post',
    'tax_query' => array(
        array(
            'taxonomy' => 'taxonomy-100',
            'field'    => 'slug',
            'terms'    => 'term-101'
        )
    )
  );
  $the_query = new WP_Query( $args );
  if ( $the_query->have_posts() ) :
  while ( $the_query->have_posts() ) : $the_query->the_post();
?>
    //ループさせるコンテンツを表示
<?php endwhile; ?>
<?php else: ?>
    <p>記事がありません</p>
<?php endif; ?>
<?php
  wp_reset_postdata();
?>
  上記では、通常投稿のカスタム分類「taxonomy-100(スラッグ名)」に属する、ターム(=カテゴリーもしくはタグ)名「term-101」が関連付けられた記事をページ内に15記事分表示させます。  
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Linkedin
  • Feedly

この記事を書いた人

Twitter

SPONSORED

    KEYWORD SEARCH

    RECENT POSTS

    合同会社デザインサプライ -DesignSupply. LLC-

    サイト制作・開発 / 各種デザイン制作 / ウェブプロモーション企画

    合同会社デザインサプライ(DesignSupply. LLC)

    Office:大阪府大阪市天王寺区清水谷町3-22
    Email:info@designsupply-web.com
    • Twitter
    • Github
    CONTACT USSCROLL TO TOP
      • Facebook
      • Twitter
      • Github
      • Instagram