Ownedmedia ウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

コンテンツ企画・制作 2018.04.03

ウェブサイトに漫画コンテンツを使う理由とは

Tags: ,,,

ビジネスをする上でウェブサイトを持つことが当たり前のようになってきた現代では、ただウェブサイトを公開しているだけでは見てもらうことも難しくなってきているようです。そんな時に重要となる要素の一つに、ウェブサイトのコンテンツがあります。

 

ウェブサイトのコンテンツでいかにユーザーの興味を引くことに焦点が当てられるようになり、いろんな工夫がされているのを見かけるようになりましたが、中でも近年注目されているのが、漫画を使う手法です。

 

今回は漫画を使ったウェブサイトのコンテンツについて、メリットや目的などをまとめていきたいと思います。

 

漫画コンテンツが持つ強みとは?

漫画というのは誰しも見た経験があり、親しみを感じる日本が世界に誇る文化でもあります。そんな漫画を使ったコンテンツの強みとは一体なんでしょうか?

 

まず1つは「訴求力が強い」という点であると言えます。一般的なサイトでは、キレイな写真を使ったり、心に響くキャッチコピーといった要素で訴求を高められることが多いですが、その点で漫画には「ビジュアルのインパクト」「情報の伝わりやすさ」「コンテンツの読みやすさ」といった大きなアドバンテージがあります。

 

ウェブサイトに漫画コンテンツを使う理由とは

 

見た目ではもちろん目を引くことになりますし、登場するキャラクターが説明することで文章や写真では伝えらない感情も表現することができます。その上、漫画であればストレスなく読み進められることができるのではないでしょうか。

 

つまり、意図した情報や伝えたいメッセージをユーザーに届ける上で、漫画コンテンツは他の手法に比べてかなり有利になるというのがメリットですね。

 

疑似体験を伝えられるのは漫画コンテンツならでは

このように漫画コンテンツには他には無い強力なメリットがたくさんあるのですが、それ以外にも漫画コンテンツだからこそできることがあります。それは「疑似体験を伝える」ということです。

 

つまり、訴求したい内容を漫画のストーリーで表現することによって、ユーザーに疑似体験させることができます。

 

ウェブサイトに漫画コンテンツを使う理由とは

 

具体的にどういったケースがあるかというと、例えばダイエットのサプリメントを宣伝するようなLPをサンプルとします。その中で、サプリメントを使ってダイエットに成功するというストーリーを漫画で伝えます。

 

こうすることで、ユーザーが漫画の世界に入り込み、実際にサプリメントを使ってダイエットに成功するような感覚になります。なぜなら、漫画に登場するキャラクターに入り込み、体感を共有することになるからです。

 

漫画はビジュアル上は一つの絵にすぎませんが、登場キャラクターが話したり動いたりすることで、まるで人が伝えているように感じることができます。これが訴求アップにつながると同時に、疑似体験も体感してもらうことが可能になります。

 

漫画コンテンツがもたらすサイト分析データの変化

漫画コンテンツが持つ訴求の強さはサイト分析データにも影響します。Googleアナリティクスなどのアクセス解析で見てみると次の指標で数値改善が期待できるでしょう。

【漫画コンテンツを使いアクセス解析で期待できる効果】
・サイト内滞在時間のアップ
・直帰率の低下
・コンバージョン率のアップ

 

これらの数値にお悩みの場合は漫画コンテンツ導入を検討してみるのもいいのではないでしょうか。

 

また、過去記事「ヒートマップを使ってサイト内の行動をチェックしてみよう 」で紹介しました、ユーザーヒートマップを導入している場合は、ページ上でのユーザー行動の変化にも漫画コンテンツの影響が現れてくるのではないでしょうか。

 

漫画コンテンツを使うべきはこんなサイト

漫画コンテンツと相性がいいのはやはりランディングページやアフィリエイトサイトなど広告色が強いサイトになります。漫画自体の訴求だけではなく、ウェブページあるいはウェブサイト全体の導線設計も考慮することで、よりコンバージョンにつながる流れを作ることができます。

 

基本的に業種は選ばないのですが、その中でもコンサルティングや教育関連、美容や求人に関するものが特にマッチしそうですね。つまり対人のサービス業にあたる業種やビジネスになります。漫画内のキャラクターが持つ疑似体験のメリットという点で、これらの業種のウェブサイトには是非採用してみたいですね!

 

ウェブサイトに漫画コンテンツを使う理由とは

 

漫画コンテンツのご相談はプロに!

どういった漫画のタッチがいいのか?また、どのようなストーリーにするのがいいのか?といった漫画の構成についてはやはりプロに相談するのが間違い無いでしょう。

 

実は弊社が長年お世話になっているパートナー企業の「株式会社Jsan-Style」さんでも漫画コンテンツを使ったウェブマーケティングの提案を行っており、数多くのケースを取り扱っています。

【株式会社Jsan-Style】
https://jsan-style.com/

 

ウェブサイトに漫画コンテンツを使う理由とは

 

ウェブサイトやランディングページなどのウェブ媒体はもちろん、小冊子やチラシ、名刺といった紙媒体も対応可能です。また自社には専門のライターさんが在籍しており、モノやサービスを売るために特化したセールスライティング、読み手を漫画の世界へ引き込むセールスライティングといったライティングに強いのも特長です。

 

また、漫画とメールマーケティングを合わせた「メルまんが」というオリジナルのサービスも展開していますので、こちらも興味のある方は是非ご相談してみてはいかがでしょうか。

【目覚めよ休眠客!メルまんが大作戦】
https://jsan-style.com/kyuminkyaku/

 

漫画は日本人にとって馴染み深いものであり、誰もが親しんできた文化でもあります。セールス色が強い広告も漫画を使うことでうまく緩和されつつも、しっかり訴求できるというのはビジネスにとっても大きな魅力ですね。

 


 

新しいサービスや商品を売りたい、自社のことをもっと知ってもらいたい、信頼できる人材を探している、といったお悩みを抱えている方は是非この機会に漫画コンテンツの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

オガワ シンヤ

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

  • Twitter

コメントフォーム

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、お名前・ハンドルネームとメールアドレスを入力いただき、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA


この記事もよく読まれています

Scroll to Top
ご質問・ご相談はありませんか ?