owned mediaウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

ウェブ・デザイン制作と事業運営の2023年振り返り

いつも弊社にご依頼いただいておりますクライアント様、また当ウェブサイトをご覧いただいている皆様、本年もありがとうございました。早いもので2023年もあと少しで終わろうとしています。毎年恒例となっているその一年の振り返りですが、今年もいろんな経験をさせていただきました。来年に向けての目標や課題などを改めて考えてみたいと思います。   (過去の振り返り記事はこちら) 「ウェブ・デザイン制作と事業運営の2022年振り返り」 「ウェブ・デザイン制作と事業運営の2021年振り返り」 「ウェブ・デザイン制作と事業運営の2020年振り返り」 「ウェブ・デザイン制作と事業運営の2019年振り返り」 「ウェブ・デザイン制作とサイト運営の2018年振り返り」    
業務委託のお仕事を中心にいろんなプロジェクトを経験させていただいた2023年
今年は2022年に引き続き、業務委託契約のお仕事が多い一年でした。請負のお仕事は1つの案件に集中して納品やリリースを迎えることが多いのですが、いろんなプロジェクトを並行しながらいろんな作業を行うような感じで、初めて使うツールや新たなフレームワーク、ライブラリなど状況に応じた対応力が鍛えられたように思います。   もちろん、新規での請負案件もあり、一からの提案や企画も含め納品まで担当させていただくプロジェクトでも、しっかりと自分の提案を推しながらも、クライアントさんに満足いただける結果につなげることができたのはよかったです。   このようにいろんなプロジェクトに参画させていただく時には、やはり技術力が大事になってくるなと改めて感じましたし、今後も対応の幅を広げられるよう、新たな知識や技術を積極的に身につけていきたいですね。    
従来のワークフローから新しい技術の導入や仕事の進め方の変化
プロジェクトによっては進め方もさまざまで、その時にマネジメント側で何を優先させるか?で制作者も柔軟に対応する必要があります。例えばサービスサイトの改修や機能追加の場合、既にユーザーがサービスを利用していて売上に影響する可能性がある時には、ざっくりとした要件をもとにプロトタイプやモックとしてベースを作成し、細かいデザインやUIの作り込みなどは後から対応するということもあります。   そのような場合には細かい部分の精度よりも、やはりスピード感が優先的に求められる印象があります(もちろん理想としては両方求められますが、、)そんな時に、小手先で間に合わせるのではなく、フレームワークやライブラリ、また自分で作ったコードのリソースなどを上手く活用することで無駄をなくし、短時間でクオリティの高い成果物を準備できるよう充実させていく必要があると感じました。   必ずしも従来からあるようないわゆるウォーターフォール型のプロジェクトの進め方ばかりではなく、クライアントやマネージメント側に寄り添ったクリエイターでありたいですね。    
体調管理やメンタルの安定と仕事のバランス
毎年1月に健康診断を受けているのですが、年々数値が悪くなってきていて、特に今年はいくつかの項目で引っかかるという結果になってしまいました、、これまではあまり気にしなかったのですが、年々体力的にも衰えを感じる瞬間が増えてきて、実は健康のために仕事環境に投資をしたり、運動や趣味を充実させる取り組みをしていました。   特にプライベートでは春先からランニングを始めたり、登山や釣りなどアウトドア系の趣味にハマるなど、仕事だけでなくプライベートも忙しかった一年になりました。体重も15kgほど落として平均体重をキープしているので、次の健康診断は期待できるのかなと、、   今までは将来の不安もあり仕事一辺倒で、とにかく時間が空いた時も何かしらPCに向かって何かしらの作業など出来ることに取り組んでいましたが、そういったことだけでは長く続けていくのは自分にとっては難しいのかなと思うようになりました。もちろん仕事にプラスとなる部分もあるのですが、健康面で犠牲になることや精神的にしんどい時期もあったのも事実でした。   心身ともに健康であって仕事のパフォーマンスも上がると思いますし、メリハリがついたことで仕事の生産性も上がることを実感したので2024年も引き続き仕事も趣味も全力でこなしていきたいですね。    
年齢やキャリアに相応しいスキルセットや知識力を
2024年は個人事業の創業から12年目、法人として4期目になる年で、自分の年齢もいよいよ40代目前という状況なので、もう若さという感覚がいよいよ無くなってくるのかなと思っています、、先ほどの体力や精神的な部分もそうで、上手く仕事のバランスをとっていかないといけないのですが、周りからもそれなりのキャリアとして見られることも多くなってくると感じています。   その時に自分はどれぐらいの価値を提供出来るのか、どんな提案が出来るのか、そういったことをしっかりと意識して仕事をする必要があり、評価される基準もより高くなるのではないでしょうか。   世間で言うところの中年に自分もなるわけですが、老いを感じさせない柔軟な部分を感じさせないように若々しくありたいですね。  
  2023年も無事に終えることができ、いつもお世話になっているクライアント様、パートナー様には改めて感謝申し上げます、本年もありがとうございました。2024年も引き続き合同会社デザインサプライをよろしくお願いいたします。
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Linkedin
  • Feedly

この記事を書いた人

Twitter

sponserd

    keyword search

    recent posts

    • Twitter
    • Github
    contact usscroll to top
      • Facebook
      • Twitter
      • Github
      • Instagram