OWNED MEDIAウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

AdMobのapp-ads.txtファイル設置の対応方法について

過去記事「Googleアドセンスのads.txtファイル設置の対応方法について」でまとめていましたが、Googleアドセンスの規約が変わり、認定販売者を宣言するファイルの設置が必要になりました。それに続いて、モバイルアプリに広告を表示させるプラットフォームであるAdMobでも同じく認定販売者を宣言することが必要になりました。   今回はAdMobの認定販売者宣言の識別ファイルを設置するまでの流れをまとめていきたいと思います。   先日、AdMobからこのようなメールが届き、内容を確認してみると、「app-ads.txt」というファイルを設置してくださいというアナウンスがありました。 AdMobのapp-ads.txtファイル設置の対応方法について   ちょうど以前にもGoogleアドセンスの方でも同じ作業をしたところでしたので、すぐに把握することができました。メールの本文に沿って作業を進めていきます。   まず、AdMobのサイト(https://apps.admob.com)にアクセスしてユーザーアカウントでログインします。ダッシュボードが表示されたら、左側のメニューを出して「アプリ」の項目から「全てのアプリを表示」をクリックします。 AdMobのapp-ads.txtファイル設置の対応方法について   画面が変わり、AdMobに紐づけられているアプリの一覧が表示されます。タブがあるので「APP-ADS.TXT」の方をクリックしますと、現在のアプリに対応するapp-ads.txtファイルのステータスが表示されます。右上の方に「APP-ADS.TXTの設置方法」と書かれたリンクをクリックします。 AdMobのapp-ads.txtファイル設置の対応方法について   ダイアログでファイルの設置方法が表示されますので確認していきます。その中にapp-ads.txtに記入するコードが表示されているのでコピーしておきます。 AdMobのapp-ads.txtファイル設置の対応方法について   アプリのデベロッパーウェブサイトとして登録されているドメインが紐づくサーバーのルートディレクトリ直下に「app-ads.txt」という名前でテキストファイルを作成し、先ほど控えておいたコードを記載して保存します。IDなどの値はそれぞれのものが入ります。 【app-ads.txt】
google.com, pub-******************, DIRECT, ******************
  あとは、グーグルのクローラーが巡回されてくるのを待ちましょう。クロールされるとapp-ads.txtのステータスがアクティブに変わり、作業が完了となります。   詳しいことについては、サポートページ【AdMobヘルプ app-ads.txtの概要】(https://support.google.com/admob/answer/9363762)に記載しているのでご参考に。
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Linkedin
  • Feedly

この記事を書いた人

Twitter

SPONSORED

    KEYWORD SEARCH

    RECENT POSTS

    合同会社デザインサプライ -DesignSupply. LLC-

    サイト制作・開発 / 各種デザイン制作 / ウェブプロモーション企画

    合同会社デザインサプライ(DesignSupply. LLC)

    Office:大阪府大阪市天王寺区清水谷町3-22
    Email:info@designsupply-web.com
    • Twitter
    • Github
    CONTACT USSCROLL TO TOP
      • Facebook
      • Twitter
      • Github
      • Instagram