OWNED MEDIAウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

アクセスを集めるためのブログやメディア記事で使えるネタ探しのポイント

「記事に書くネタがない…」ブログやオウンドメディアを運用されている方や、ブログ記事のライターさんなんかは一度はこんな問題に直面したことはあるのではないでしょうか。   ブログなどの記事は、内容となるものがないともちろん書くことができません。と言っても、そのネタ自体は何もないところからすぐに湧き出してくるものではありませんよね。そこで今回はブログに書く内容が思いつかない時に、どうやって記事のネタを見つけるかというのを考えてみたいと思います。  
アクセスを安定的に集めるためにはユーザーの知りたいに応えることが大事
いくつかの過去記事でも紹介した通り、一般的なサイトで多くを占める流入経路はキーワード検索です。キーワード検索はユーザーが自発的に知りたい内容を調べるという動機があるため、これを利用してアクセスを集めるというのが効率的です。   ですので、ブログやメディアの記事には、ユーザーが知りたいような内容を中心に構成していくことが大事です。こうすることで、サイトを訪れたユーザーは記事の内容を読むことで、知りたかった情報を得ることができます。そこから、サイトへのユーザーの信頼関係が出来上がってきます。  
まずは今持っている情報資産や、ノウハウをネタに記事を書いていく
そこでブログやメディア記事のネタには、まず今自分が持っている情報を記事内にコンテンツとして公開していきましょう。自分の中にあるものなので描きやすい内容のはずですね。なので、少ない負担で記事を書くことができます。   この時に、価値のある情報を簡単に公開したくないという思いから、積極的に情報公開しない方もいらっしゃいますが、ここはもったいぶらずにどんどん情報公開をしていった方がいいでしょう。価値のある情報にこそユーザーが集まります。オープンにして初めて価値が発揮されるのではないでしょうか。  
次に現在勉強している内容や、集めている情報に関連する内容を書いていく
次に、すでに持っている情報資産やノウハウを出し尽くした時は、今勉強している内容や集めている情報のジャンルに関連した内容でブログの記事を構成していくことをオススメします。   なぜ、このような内容をテーマに記事を書いていくかというと、そのブログやメディアにあった読者を集めておくためです。ブログやメディアはユーザーあってのものです。発信する情報が自己満足の内容では誰も興味を持ってもらえません。ユーザーのための内容になるよう記事を書いていきましょう。   もちろん記事を書く方としても、興味関心がなく、何も知識がない状態でコンテンツを作るのは大変ですからね。  
それでもネタが尽きたら問題解決をテーマに記事のコンテンツを考える
「自分が持っている情報資産やノウハウ」「自分が興味関心のある内容、集めている情報」の内容でもネタが尽きた場合には、「問題解決を目的」としたテーマで記事を書くといいでしょう。   もう理由はお分かりですよね、最初に説明した通り、サイトへの流入経路はキーワード検索というサイトが大半だからです。それに加えて、困っている人の役に立つという意義もありますね。この時に書く内容は、自分が興味関心が無く、知識もないという場合でもユーザーのために役立つ情報を発信していることになるので、しっかりと目的を果たしているのではないでしょうか。  
  ブログやメディアの記事を書くときのネタが尽きた時には、まず自分が持っている情報やノウハウを。次に、自分が知りたいことや興味のある内容を。最後に問題解決をテーマにした内容という順にネタ探しをすると、アクセスを集めるための効果的な記事のコンテンツを作り続けることができるのではないでしょうか。
  • はてなブックマーク
  • Pocket
  • Linkedin
  • Feedly

この記事を書いた人

Twitter

SPONSORED

    KEYWORD SEARCH

    RECENT POSTS

    合同会社デザインサプライ -DesignSupply. LLC-

    サイト制作・開発 / 各種デザイン制作 / ウェブプロモーション企画

    合同会社デザインサプライ(DesignSupply. LLC)

    Office:大阪府大阪市天王寺区清水谷町3-22
    Email:info@designsupply-web.com
    • Twitter
    • Github
    CONTACT USSCROLL TO TOP
      • Facebook
      • Twitter
      • Github
      • Instagram