Ownedmedia ウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

Sass 2020.05.12

Ruby SassからDart SassへSassの環境を移行させるまでの流れ

Tags: ,,,

当メディアサイトでもSassのインストールにはRuby製のRuby Sassを使った方法を紹介していますが、Sassの公式サイトでは、Ruby Sassの開発が随分前に止まっており既に廃止されている状況とのこと。公式サイトにも下記のようにアナウンスされています。

 

“ Ruby Sass was the original implementation of Sass, but it reached its end of life as of 26 March 2019. It’s no longer supported, ….. ”

 

基本的にはGulpでnode製のSassを使うことが多いのですが、ちょうど機会があったので、このタイミングでRuby Sassに代わって推奨されている「Dart Sass」へ移行させましたので、それまでの流れを残しておきたいと思います。

 

移行前はこのようにRuby Sassが使われていました。ここからDart Sassに移行していきます。

$ sass -v
Ruby Sass 3.7.4

 

まずは、Homebrew経由でDart Sassをグローバルにインストールしていきます。下記のコマンドを実行します。

$ brew install sass/sass/sass

 

Ruby Sassが使われている場合には、下記のようにエラーメッセージが出ます。内容としては、既にRuby Sassで使われていたSassの実行ファイルが存在していることが問題のようです。

Error: The `brew link` step did not complete successfully
The formula built, but is not symlinked into /usr/local
Could not symlink bin/sass
Target /usr/local/bin/sass
already exists. You may want to remove it:
 rm '/usr/local/bin/sass'

 

そこで下記のコマンドによって、該当のSass実行ファイルに対してシンボリックリンクとして上書きします。このようにすることで、Dart Sassが使えるようになります。

$ brew link --overwrite sass

 

シンボリックリンクを上書きしたら、実際にDart Sassに変わっているかを確認してみます。ちなみに、Dart Sassでは「-v」のコマンドオプションが使えないので下記のようにします。

$ sass --version
1.26.5

 

バージョンが変わっており、Ruby SassからDart Sassへの移行が完了したことが確認できますね。もし、これで変わっていない場合には、「.bash_profile」にて直接、Dart Sassへの環境変数のパスを通してあげると使えるようになります。

【.bash_profile】

export PATH=/usr/local/Cellar/sass/1.26.5/bin:$PATH

 

.bash_profileファイルの編集時には、下記のコマンドで編集内容を適用させることを忘れずに。

$ source ~/.bash_profile

 

念の為、下記のコマンドでSassの実行ファイル参照先を調べて、Rubyでインストールしたものになっていないかどうか確認しておくといいですね。「/usr/local/Cellar/」にはHomebrewでインストールしたパッケージが入ります。

$ which sass
/usr/local/Cellar/sass/1.26.5/bin/sass

 

Dart Sassの使い方ですが、Ruby Sassと同じように各コマンドやオプションが使用できますので、移行後もこれまで通り開発を進めることができます。

$ sass --watch before.scss after.css

 

Ruby Sassはあまり使う機会もなく、長らくほったらかしにしておりましたが、ちょうどDart Sassに移行する機会があったので良かったです。Ruby Sassをお使いの方は忘れずに是非試してみてください。

この記事を書いた人

オガワ シンヤ

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

  • Twitter

コメントフォーム

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、お名前・ハンドルネームとメールアドレスを入力いただき、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA


この記事もよく読まれています

Scroll to Top
ご質問・ご相談はありませんか ?