Ownedmedia ウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

Vue.js 2019.11.05

IEでVue.jsを使った時に発生するエラーへの対応

Tags: ,,

CDNを使って直接ウェブサイトの一部にVue.jsを使う場合には、Babelなどのトランスパイルなどをしないため、そのままIEで確認してみるとエラーが発生するケースもあります。クライアントワークで実際に直面したので備忘録として残しておきたいと思います。

 

まずは下記のようなエラーが発生しました。「:」が抜けていると怒られているようです。

 

実際に該当部分を確認してみると、ここではmethods内で定義している関数でしたが、特におかしなところは無いはず、、

 

よく考えてみると、省略した記述がいけないのではと思い、下記のように、オブジェクトのキーと無名関数の形に直してみるとあっけなく解決しました。

// NG
methods: {
 exampleFunction(argument) {
  // 処理
 }
 ......
}

↓↓↓

// OK
methods: {
 exampleFunction: function(argument) {
  // 処理
 }
 ......
}

 

もう一点、こちらも同じく定義している関数のところで発生したエラーですが、「識別子がない」と怒られているようです。

 

識別子と表示され、何のことかなと思っていると、よくよく考えたらアロー関数で記述していることに気づき、こちらもオブジェクトのキーと無名関数の形に直してあげることで解決しました。

// NG
methods: {
 exampleFunction: function((argument) => {
  // 処理
 })
 ......
}

↓↓↓

// OK
methods: {
 exampleFunction: function(argument) {
  // 処理
 }
......
}

 

そもそもIEの場合にはES6が対応していないこともあり、Vue.jsでよく使っている通常の表記では対応できないケースも多々あるので注意が必要ですね。まだまだ実際の現場ではIEへの対応は必須な要件も多いかと思いますので、Vue.jsを使う場合には覚えておきたいですね。

この記事を書いた人

オガワ シンヤ

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

  • Twitter

コメントフォーム

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、お名前・ハンドルネームとメールアドレスを入力いただき、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA


この記事もよく読まれています

Scroll to Top
ご質問・ご相談はありませんか ?