Ownedmedia ウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

Vue.js 2019.10.07

Vue.jsでwindowオブジェクトのスクロールイベントでの処理を実行する

Tags: ,,

前回記事「Vue.jsでwindowオブジェクトのリサイズイベントでの処理を実行する」に引き続き、今回はVue.jsのプロジェクトでスクロールイベントでの処理を行う場合のサンプルになります。UIやデザインの実装であれば、前回のリサイズイベントよりスクロールイベントの方が登場する頻度が高いのではないでしょうか。

 

リサイズイベントでもそうでしたが、windowオブジェクトへのアクセスはmounted以降でないとundefinedが返ってきてしまいますので注意が必要です。今回はこんな感じのコードを用意しました。

【Vue】※一部抜粋

<template>
 <div id="app">
  <div class="fixed">垂直方向のスクロール量:<span>{{ scrollY }}</span></div>
  <p>Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor ......
  </p>
  <p>Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor ......
  </p>
 </div>
</template>

<script>
 export default {
  data() {
   return {
    scrollY: 0
   }
  },
  mounted() {
   window.addEventListener('scroll', this.calculateScrollY);
  },
  beforeDestroy() {
   window.removeEventListener('scroll', this.calculateScrollY);
  },
  methods: {
   calculateScrollY() {
    this.scrollY = window.scrollY;
    console.log(this.calculateScrollY);
   }
  }
 }
</script>

 

スクロールイベントでも同じように、「data」オプションにスクロール量が入るようにしておきます。「methods」ではスクロール量を取得し、dataオプションへ変数として格納されるようにします。ちなみに「scrollY」で垂直方向のスクロール量を数値として得ることができます。

 

あとは「mounted」でscrollイベントを用意して、コールバック関数にmethodsで定義した関数を設定すればOKです。合わせて、「beforeDestroy」のタイミングでイベントリスナーを削除しておくことを忘れないように注意します。

 

実際にブラウザで見てみると、スクロール量が取得できているのが確認できます。あとは、スクロール量によって条件分岐などを設定するなどでいろんな処理を実装することができます。

Vue.jsでwindowオブジェクトのスクロールイベントでの処理を実行する

 

ちなみにスクロールイベントは1px単位で処理が走ることになるため、どうしても重たくなりがちになってしまいます。そのため、実行するタイミングを間引いてあげることで処理を軽くすることができます。それについてはまた改めて別記事で紹介できればと思います。

この記事を書いた人

オガワ シンヤ

合同会社デザインサプライ代表兼CEO / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

  • Twitter

コメントフォーム

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、お名前・ハンドルネームとメールアドレスを入力いただき、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA


この記事もよく読まれています

Scroll to Top
ご質問・ご相談はありませんか ?