Ownedmedia ウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

Nuxt.js 2019.08.20

Nuxt.jsでSassファイルをグローバルに使えるようにする

Tags: ,,,,

Nuxt.jsのフレームワークの中においては、単一コンポーネントファイル内であればSassなどが使え、ビルドした時にCSSへとコンパイルされます。ただ、そのVueファイル内でしか使えないので、共通スタイルとしてグローバルに使いたい場合もあるかと思います。そこで今回はNuxt.jsでグローバルにSassを使う方法を備忘録として残しておきたいと思います。

 

Nuxt.jsでSassを使う場合には「node-sass」と「sass-loader」のモジュールパッケージが必要となります。yarnもしくはnpm経由でローカルのモジュールフォルダにインストールしていきます。

$ cd プロジェクトディレクトリ

$ yarn add --dev node-sass sass-loader
もしくは
$ npm install --save-dev node-sass sass-loader

 

インストールが終わると「package.json」のdevDependenciesのリストに追加されているのが確認できます。

【package.json】※一部抜粋

{
 "devDependencies": {
  .......
  "node-sass": "^4.12.0",
  "sass-loader": "^7.2.0",
  .......
 }
}

 

次に、プロジェクトルート直下のassetsディレクトリ配下に使いたいSassファイルを設置していきます。もちろんアンダーバーをつけてパーシャルファイルとし、Sassファイルを分割することも可能です。

/
 ┣ assets
  ┗ scss
   ┣ common.scss
   ┣ _base.scss
   ┗ _layout.scss

 

そして、プロジェクト直下にある「nuxt.config.js」にあるCSSプロパティの値に対象のSassファイルをルートパスで指定します。@を入れることでプロジェクトルートを基準としたルートパスで指定できます。

【nuxt.config.js】※一部抜粋

export default {
 css: [
  '@/assets/scss/common.scss'
 ]
}

 

デベロッパーツールで確認してみると、Sassファイルがコンパイルされていることが確認できます。

Nuxt.jsでSassファイルをグローバルに使えるようにする

 


 

Vueのプロジェクトにおいては、基本的にコンポーネント単位でスタイルも管理することが多いかと思いますが、変数やミックスインなど共通で使えるものも残しておきたいですよね。そんな時にはこのようにグローバルとして使えるSassを用意しておくと便利ですね。

(参考にさせていただいたサイト)
Nuxt.js API: css プロパティ

この記事を書いた人

オガワ シンヤ

合同会社デザインサプライ代表兼CEO / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

  • Twitter

コメントフォーム

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、お名前・ハンドルネームとメールアドレスを入力いただき、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA


この記事もよく読まれています

Scroll to Top
ご質問・ご相談はありませんか ?