Ownedmedia ウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

Sass 2019.07.01

SassやStylusでcalc()関数内の値に変数を使う

Tags: ,,

クライアントワークでのあるプロジェクトで使う場面があり、忘れないようにメモとして残しておきたいと思います。記事タイトルのままですが、通常のSassの記法ではエラーとなりうまく出力されないので少し変えてあげる必要があります。

【SCSS】

$fixedWidth: 200px;
div {
 width: calc(100% - #{$fixedWidth})
}

 

SASSやSCSSの場合は、変数部分を上記のように、「#{ ・・・}」で囲んであげることで変数が使えるようになります。ただしStylusの場合にはこのようにすることができませんので下記のようになります。

【Stylus】

fixedWidth = 200px
div
 width "calc(100% - %s)" % fixedWidth

 

まず、calc()関数自体をクォーテーションマークで囲み、変数部分には「%s」を入れます。そしてその後に代入される変数を指定してあげる形になります。

 

レスポンシブの場合にはデザインによってはこのようなケースも出てくるかもしれませんが、その場合には上記の方法で対応できますので、ぜひ覚えておきたいですね。

 

(参考にさせていただいたサイト)
SCSSの変数と、CSS3のcalc()を併用するには
Stylus ではまった点

この記事を書いた人

オガワ シンヤ

合同会社デザインサプライ代表兼CEO / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

  • Twitter

コメントフォーム

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、お名前・ハンドルネームとメールアドレスを入力いただき、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA


この記事もよく読まれています

Scroll to Top
ご質問・ご相談はありませんか ?