Ownedmedia ウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

WordPress 2018.11.01

WordPressでよく使うウィジェット実装のケース(1)

Tags: ,

WordPressにはサイト内のにある色々なコンテンツを管理画面上で編集できるウィジェットという機能があります。WordPressなどのCMSの導入にはユーザー自身でウェブサイトを更新していきたいという目的があるため、クライアントワークでも求められることが多いですね。

 

そこで、WordPress制作においてウィジェットを使ったよくあるケースを備忘録として残しておきたいと思います。

 

カスタムメニューを使ったナビメニュー

グローバルナビやメガメニューなど、ページリンクが多いナビゲーションの時によく使います。基本的には以下のように実装できます。

 

1. functions.phpに下記コードを追記してカスタムメニューを定義します

<?php
  register_nav_menus( 
    array(
      'gnav' => 'グローバルナビ',
      'sitemap' => 'サイトマップ'
    )
  );
?>

 

2. 管理画面内の「外観」→「メニュー」にてメニューを新規作成し、メニューの内容を登録する。その後、先ほど登録したカスタムメニューを紐づけます。

 

3. テンプレートファイル内の該当箇所に下記コードで定義したカスタムメニューを出力します。

<?php
  // グローバルナビのカスタムメニューを出力する場合
  wp_nav_menu( 
    array( 
      'theme_location' => 'gnav' 
    )
  );
?>

 

 

複数の画像を並列に表示させる画像リスト

イメージ画像ギャラリーや、バナーエリアなどで使える、複数の画像を表示させたい時のウィジェット実装です。

 

1. functions.phpに下記コードを追記してウィジェットを定義します。

function widg_img_list() {
  register_sidebar (
    array (
      'name' => '画像リスト',
      'id' => 'img_list',
      'before_widget' => '<li>',
      'after_widget' => '</li>',
      'before_title' => '',
      'after_title' => ''
    )
  );
}
add_action( 'widgets_init', 'widg_img_list' );

 

2. 管理画面内の「外観」→「ウィジェット」を選択、登録されている「画像リスト」ウィジェット内に画像ウィジェットを登録していきます。

 

3. テンプレートファイル内の該当箇所に下記コードで定義したウィジェットを出力します。

<ul>
  <?php dynamic_sidebar( 'img_list' ); ?>
</ul>

 


 

これ以外にも、WordPressのウィジェット実装でよく使うものもたくさんあるので、また別記事でまとめていきたいと思います!

この記事を書いた人

オガワ シンヤ

合同会社デザインサプライ代表兼CEO / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

  • Twitter

コメントフォーム

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、お名前・ハンドルネームとメールアドレスを入力いただき、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA


この記事もよく読まれています

Scroll to Top
ご質問・ご相談はありませんか ?