Ownedmedia ウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

Git 2018.10.02

.gitignoreを活用してGit上でのソースコード管理を行う

Tags: ,

Gitでは、変更があったファイルが記録されることでソースコードのバージョン管理ができるようになっています。ただその中には、記録が必要でないファイルなども含まれる場合があります。

 

そんな時は「.gitignore」というファイルに、記録が不要のディレクトリやファイルを指定することでGitの管理対象外にすることができます。つまりコミットがされないようになります。

 

今回はこの「.gitignore」の書き方や使いかたなどをメモしておきたいと思います。以外に触る機会もそんなになく、つい忘れてしまっていたので、、

 

使い方ですが、基本的には.gitignoreファイル内に対象となるファイル名を書き込んでいきます。ここに設定されているファイルやディレクトリに変更があった場合はgit上コミットされないようになります。主な記述方法は下記のようになります。

 

[DIRECTORY]/ 特定のディレクトリ以下を無視する。ディレクトリ名に続けてスラッシュを記述する。
[PATH]/sample.html 特定のファイルを無視する。ルートディレクトリからの相対パスで指定する。
*.txt 特定の拡張子を無視する。ワイルドカードを示すアスタリスクに続けて拡張子を指定する。
!/[PATH]/[DIRECTORY]/ 指定したディレクトリ以下を追跡する。!を入れることで、Gitから無視されないようにする。
# [COMMENT] コメントを挿入する。複数行にわたる場合でも必ず先頭に#を入れるようにする。

 

実際に記述したものを見てみるとこんな感じになります。先に記述した指定と後から書いた指定が重複する場合には、あとから記述した指定で上書きされるようになります。

【.gitignore】

# distディレクトリに含まれるファイルをコミットしないようにする
dist/

# node_modulesディレクトリ配下の更新をコミットしないようにする
node_modules/

# 画像ファイルはコミットしないようにする
*.jpg
*.jpeg
*.gif
*.png

 

ビルドされたファイルや、npmパッケージが含まれるディレクトリ、またセキュリティ上の機密情報が記されたドキュメントなどはこのように.gitignoreファイルを活用することで、ソースコードの管理をよりスムーズにしてくれます。チームで開発する場合などはメンバー内での混乱を防ぐためにも覚えておきたいですね。

 

(参考にさせて頂いたサイト)
[Git] .gitignoreの仕様詳解

この記事を書いた人

オガワ シンヤ

合同会社デザインサプライ代表兼CEO / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

  • Twitter

コメントフォーム

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、お名前・ハンドルネームとメールアドレスを入力いただき、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA


この記事もよく読まれています

Scroll to Top
ご質問・ご相談はありませんか ?