Ownedmedia ウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

JavaScript 2018.07.27

JavaScriptで16進数の値を10進数に変換する

Tags: ,
最終更新日:Update

制作でカラーコードの値を取得して操作する要件があり、ちょうどいい勉強になったのでメモとして残しておきたいと思います。基数変換にはいろんなケースがありますが、今回は16進数から10進数に変換する方法になります。カラーコード値を例にコードを書くとこんな感じです。

【HTML】※一部省略

#<span>45dce4</span>
#<span>fc8ad3</span>
#<span>b984e1</span>
#<span>07da84</span>

 

【javascript】

var val = document.querySelectorAll('span');
val.forEach(function(elem){
  var hex = elem.textContent;
  var decimal = parseInt(hex,16);
  console.log("16進数:",hex);
  console.log("10進数:",decimal);
});

 

【Console】

16進数:45dce4
10進数:4578532
16進数:fc8ad3
10進数:16550611
16進数:b984e1
10進数:12158177
16進数:07da84
10進数:514692

 

実際にやってみると結構簡単にできました。今回は複数存在する場合になります。コードになるテキストを要素から取得して、parseInt()の第一引数に格納し、第二引数に16と指定するだけでOKです。すごく限定的なものですが、応用することで意外と使える場面が出てくるかもしれません。。また、こちらの記事「JavaScriptでHEX値をRGB値に変換する仕組みを作成する」では今回の内容を応用して実際にカラーコードを変換できる仕組みを作っています。

 

(参考にさせて頂いたサイト)
【JavaScript】10進数と16進数の相互変換と16進表記の方法
要素の取得方法まとめ

この記事を書いた人

オガワ シンヤ

合同会社デザインサプライ代表兼CEO / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

  • Twitter

コメントフォーム

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、お名前・ハンドルネームとメールアドレスを入力いただき、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA


この記事もよく読まれています

Scroll to Top
ご質問・ご相談はありませんか ?