Ownedmedia ウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

HTML 2018.06.27

HTMLで使う特殊文字のコード表記まとめ

Tags:

出来るだけ使わないようにしているのですが、たまに必要となる場面がありますので備忘録として残しておきたいと思います。機種依存文字とも呼ばれるこれらの文字は正しく表示させるためにHTMLでは専用の表記でコーディングすることが推奨されています。また、HTMLで使う文字もありますので、正しく表示されないケースもあるからです。

 

とりあえずはよく使うものから一覧でまとめていきたいと思います。「」内のコードを実際のHTMLファイルに書いていきます。※記号に変換されるため&マークを全角に変更しています。実際は半角で記述します。

 

 」半角スペース(改行禁止のスペース)
< &lt;」小なり
> &gt;」大なり
&quot;」ダブルクォーテーション
&apos;」アポストロフィ
& &amp;」アンパサンド
¥ &yen;」円マーク
© &copy;」コピーライト
® &reg;」登録商標
&trade;」トレードマーク
« &laquo;」左二重引用符
» &laquo;」右二重引用符
§ &sect;」セクションマーク

 

 

+やーなどの記号も半角で使う場合は上記のようなコード記法となりますが、必要以外であれば全角で使うのも一つの手だと思います。これ以外にも、特にHTMLやJavaScriptで使う文字はそのまま書くとコーディングエラーの原因にもなりますので気をつけたいですね。

この記事を書いた人

オガワ シンヤ

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

  • Twitter

コメントフォーム

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、お名前・ハンドルネームとメールアドレスを入力いただき、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA


この記事もよく読まれています

Scroll to Top
ご質問・ご相談はありませんか ?