Ownedmedia ウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

webpack 2018.05.29

webpackで上層のディレクトリにバンドルしたファイルを出力する

Tags: ,,

タイトルの通りですが、webpackではバンドルしたファイルの出力先を絶対パスで指定するため、そのままですと上層のディレクトリへの出力ができません。そこでカレントディレクトリを基準としたパスの指定が必要になります。

 

今回のケースではこのようなディレクトリ構成を想定しています。webpackの設定ファイルはnode_modulesフォルダより上の階層へバンドルしたファイルを出力します。

dest
  ┣ bundle.js
  ┗ index.html
assets
  ┣ webpack.config.js
  ┗ src
    ┗ js
      ┣ entrypoint.js
      ┗ modules
        ┣ module_01.js
        ┣ module_02.js
        ┗ module_03.js

 

結論から言うとwebpackの設定ファイルを下記のようにすることで対応できます。

const path = require('path');
module.exports = {
  mode: 'production', 
  entry: './src/js/entrypoint.js',
  output: {
    path: path.resolve(__dirname, '../dest'),
    filename: 'bundle.js'
  }
};

 

これで基本的にどこのディレクトリにも出力先を設定することができます。プロジェクトごとにディレクトリ構成の制約がある場合には使えるかと思います。

この記事を書いた人

オガワ シンヤ

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

  • Twitter

コメントフォーム

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、お名前・ハンドルネームとメールアドレスを入力いただき、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA


この記事もよく読まれています

Scroll to Top
ご質問・ご相談はありませんか ?