Ownedmedia ウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

WordPress 2018.05.07

コマンドライン上でWordPressの操作を行うWP-CLIの導入

Tags: ,

WordPressのインストールや、初期設定、またプラグインのインストールは通常ブラウザから行いますが、WP-CLIというものを導入することで、コマンドライン上からWordPressの操作ができるようです。このWP-CLIを導入するにあたり、備忘録を残しておきたいと思います。

 

まずはWP-CLIのインストールですが、下記コマンドでインストールしていきます。インストールが終われば動作確認もしておきます。

$ curl -O https://raw.githubusercontent.com/wp-cli/builds/gh-pages/phar/wp-cli.phar

// 動作確認(各種情報が表示されればOK)
$ ./wp-cli.phar --info

 

このままでは使うときに色々と面倒なので、引き続き権限付与を行い、指定の場所に移動させPATHを通しておきます。

$ chmod +x wp-cli.phar
$ sudo mv wp-cli.phar /usr/local/bin/wp

// バージョンの確認
$ wp cli version

 

これでWP-CLIを使う準備ができました。また、WP-CLIのアップデートは下記の通り行います。

$ wp cli update

 

ちなみにHomebrew経由でもインストールができるようです、アップデートは brew update で可能ですのでこっちは便利ですね。必要に応じてどうぞ。

$ brew install homebrew/php/wp-cli

 

WP-CLIにはいろんなコマンドが用意されているそうなので、また別記事でまとめていきたいと思います。

 

(参考にさせて頂いたサイト)
WP-CLIコマンドの使い方

この記事を書いた人

オガワ シンヤ

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

  • Twitter

コメントフォーム

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、お名前・ハンドルネームとメールアドレスを入力いただき、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA


この記事もよく読まれています

Scroll to Top
ご質問・ご相談はありませんか ?