Ownedmedia ウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

JavaScript 2018.03.12

JavaScriptでGoogleアナリティクスのイベントトラッキングを実装する

Tags: ,
最終更新日:Update

アクセス解析でおなじみのGoogleアナリティクスですが、クリックなどのイベントをカウントして集計することができます。JavaScriptで実現するのですが、お問い合わせへのリンクやコンバージョンにつながるボタンに実装するとクリック数などを計測することができます。それでは実際にコードを見ていきます。

 

リンクやボタンの要素に対して下記のコードを追記します。

onClick="ga('send', 'event', '[CATEGORY]', '[ACTION]', '[LABEL]', [VALUE], { 'nonInteraction': 1 });"

 

1つ目と2つ目、そして最後の引数以外には次のような意味があり、集計をわかりやすくするために入れておくと良いです。

 

[CATEGORY] イベントトラッキングのカテゴリーを設定できます
[ACTION] クリックやマウスオーバー、フォーム送信などユーザーの行動を示すステータスを付与できます
[LABEL] イベントトラッキングの詳細が分かるように名前をつけることができます
[VALUE] 収益につながる場合に金額を入れたりとイベントごとに基準となるスコアを設定することができます

 

上記の内容でリンクタグに実装した場合には下記のようになります。

<a href="http://example.com" onClick="ga('send', 'event', 'クリック計測', 'click', 'リンクA', 500, { 'nonInteraction': 1 });">クリックでイベントトラッキングをカウント!</a>

 

これでGoogleアナリティクスの方で「イベント」の数値として集計できるようになります。詳しくはまた別記事でまとめていきたいと思います。このイベントトラッキングを使うことで、よりユーザーの行動が詳細に分かるようになりますので、サイト改善の大きな情報になるのではないでしょうか。

 

イベントを検知できない時にはgtag形式にする必要があるか確認する

上記のコードはanalytics.jsという従来のトラッキングコードの形式になります。比較的新しいグローバル サイトタグ(gtag.js)と呼ばれる方式を採用している場合には上記のコードではイベントを検知できません。そこで以下のフォーマットで実装する必要がありますので注意します。

onClick="gtag('event', '[ACTION]', {'event_category': '[CATEGORY]','event_label': '[LABEL]', 'non_interaction': false});"

 

微妙に表記方法が異なっているのがわかります。実際に実装する際には下記のような形になります。

 <a href="http://example.com" onClick="gtag('event', 'click', {'event_category': 'クリック計測','event_label': 'リンクA', 'non_interaction': false});">クリックでイベントトラッキングをカウント!</a>

 

まずはトラッキングコードの形式を確認して、そのコードにあった実装方法を選択するようにします。

この記事を書いた人

オガワ シンヤ

合同会社デザインサプライ代表兼CEO / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

  • Twitter

コメントフォーム

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、お名前・ハンドルネームとメールアドレスを入力いただき、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA


この記事もよく読まれています

Scroll to Top
ご質問・ご相談はありませんか ?