Ownedmedia ウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

Gulp 2018.03.06

Gulpの古くなったバージョンをアップデートする

Tags: ,,
最終更新日:Update

グローバルに入れていたgulpがローカルのプロジェクトごとにインストールしたものとバージョンの差がかなり出ていて気になったのでアップデートしました。その時の流れを備忘録としてメモ。

 

gulpのバージョンを確認してみるとグローバルとローカルにインストールしたものが確認できます。

$ gulp -v
[00:00:00] CLI version 1.2.2
[00:00:00] Local version 3.9.1

 

一旦グローバルのgulpをアンインストールします。gulpのバージョン確認コマンドを叩いてバージョン名が表示されなくなれば削除されています。

$ npm rm --global gulp-cli

 

改めて下記コマンドでgulpをグローバルにインストールしてみます。

$ npm install -g gulp-cli

 

すると下記のエラーが表示されてインストールが止まってしまいました、、確認してみると.nodebrew/node/〜配下にあるgulpというシンボリックリンクがnpmで削除できないとのこと。。

npm ERR! Refusing to delete /Users/[USERNAME]/.nodebrew/node/[VERSION]/bin/gulp: ../lib/node_modules/gulp/bin/gulp.js symlink target is not controlled by npm /Users/[USERNAME]/.nodebrew/node/[VERSION]
npm ERR! File exists: /Users/[USERNAME]/.nodebrew/node/[VERSION]/bin/gulp
npm ERR! Move it away, and try again.

 

下記コマンドで該当のシンボリックリンクを削除して再度インストールしました。

$ sudo rm /Users/[USERNAME]/.nodebrew/node/v7.5.0/bin/gulp

 

すると無事に再インストールが完了しバージョンを確認してみるとアップデートされていました。

$ gulp -v
[00:00:00] CLI version 2.0.1
[00:00:00] Local version 3.9.1

 

 

gulpをグローバルにインストールするのは古い?

ただし、ウェブ上の記事を見ているとどうやら上記のようにgulpをグローバルにインストールするのは古いようで、ローカルにインストールしてプロジェクトごとに使うことが一般的のようです。

 

gulpのローカルへのインストール方法は過去記事「gulpをローカルにインストールしてプロジェクト内で使用する」にて紹介しています。今回は備忘録として残しましたが、今後はあまり気にしなくてもいいかもしれませんね、、

この記事を書いた人

オガワ シンヤ

合同会社デザインサプライ代表兼CEO / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

  • Twitter

コメントフォーム

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、お名前・ハンドルネームとメールアドレスを入力いただき、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA


この記事もよく読まれています

Scroll to Top
ご質問・ご相談はありませんか ?