Ownedmedia ウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

Ruby 2018.03.06

rbenvをインストールしてRubyのバージョン管理をできるようにする

Tags: ,,,
最終更新日:Update

おなじみのプログラミング言語であるRubyですが、そのままインストールすることも可能ですが、様々なバージョンを使うシーンになった時には都度アンインストールしてバージョンを変えてインストールするなど手間がかかります。今回はrbenvというRubyのバージョン管理ツールを使ってRubyをインストールすることでバージョンの管理だけでなく、様々なバージョンに切り替えられるようにします。

 

rbenvのインストールから初期設定

まずはrbenvをインストールしていきます。Gitの公式リポジトリからのインストールでも可能ですが、今回はHomebrew経由でインストールしていきます。Homebrewについて詳しくは過去記事「WEB開発環境(Mac OS)に必要な各種インストール方法まとめ(1)」を参照ください。念のためHomebrewも最新版に更新しておきます。

$ brew update
$ brew install readline ruby-build rbenv

 

rbenvがインストールできたかを確認します。バージョン名が表示されたらOKです。

$ rbenv --version

 

rbenvでインストールできるRubyのバージョン一覧確認します。コマンドを叩くと対象となるバージョンがリストで表示されるので、ここからインストールするバージョンを選択していきます。

$ rbenv install -l

 

先ほどのリストから対象となるRubyをrbenv経由でバージョンを指定してインストールしていきます。

$ rbenv install [バージョン名]

 

rbenvでインストール済みのRubyをバージョンごとに一覧で確認しておきます。インストール済みのバージョンが一覧で表示されますので、ここにあるバージョンからそれぞれ切り替えることができます。

$ rbenv versions

 

rbenvでインストールしたRubyの環境変数PATHを通すために.bash_profileをvimで開き、次の設定を追記していきます。

$ vim .bash_profile
// .bash_profileに下記を追記
export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"
eval "$(rbenv init -)"

 

下記のコマンドで.bash_profileの設定を反映させます。

$ source .bash_profile

 

.bash_profileに設定したRubyの環境変数が正しく通っているか確認します。

$ which ruby
// 下記のように.rbenv/shims配下のrubyを参照していればOK
/Users/[ユーザー名]/.rbenv/shims/ruby

 

 

Rubyのバージョン管理とバージョンの切り替えを行う

rbenv経由でインストールした各バージョンのRubyは一括で管理でき、プロジェクトごとにバージョンを切り替えたりすることができます。まずはデフォルトのバージョンとしてローカルのグローバルへのバージョンを指定しておきます。

$ rbenv global [バージョン名]

 

正しくバージョンが指定されたか確認します。

$ rbenv versions
// 指定したバージョンに*マークが付く
  system
  2.4.0
* 2.5.0 (set by /Users/[バージョン名]/.rbenv/version)

 

プロジェクトごとにRubyのバージョンを切り替えて指定する場合は、まず該当するプロジェクトのカレントディレクトリへ移動し、下記のコマンドで設定します。

$ cd [カレントディレクトリ名]
$ rbenv local [バージョン名]

 

また、rbenv経由でインストールしたRubyは次のコマンドでバージョンごとにアンインストールできます。

$ rbenv uninstall [バージョン名]

 

プロジェクトごとに切り替えて設定したバージョンは下記のコマンドでリセットできます。この場合はデフォルトのRubyのバージョンが適用されるようになります。

$ cd [カレントディレクトリ名]
$ rbenv local --unset

 


 

Rubyも直接インストールするのではなく、このようなバージョン管理ツールを使うことで、後々ラクになることも多々あります。できれば導入することをオススメします。

 

(参考にさせていただいたサイト様)
rbenv をインストールしたので覚書

この記事を書いた人

オガワ シンヤ

合同会社デザインサプライ代表兼CEO / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

  • Twitter

コメントフォーム

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、お名前・ハンドルネームとメールアドレスを入力いただき、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA


この記事もよく読まれています

Scroll to Top
ご質問・ご相談はありませんか ?