Ownedmedia ウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

Git 2018.03.02

ターミナルでGitを操作するときによく使うコマンドまとめ

Tags: ,,

前回記事「【レポート】WordBench大阪『GitとGitHubの使い方ハンズオン』参加してきました」でも触れていましたが、SourcetreeなどのGitクライアントツールなどを使用せずにターミナルなどでGitの操作をすることもあります。その時に使うコマンドを忘れないようにメモしておこうと思います。基本的な部分になりますが、必要に応じて随時更新予定です。操作順にまとめております。

 

Gitのローカルリポジトリ作成

まずはローカルにGitのリポジトリをプロジェクトフォルダの中に作成していきます。これでGitが使えるようになります。

// プロジェクトのディレクトリを新規作成
$ mkdir [ディレクトリ名]

// 作成したディレクトリに移動
$ cd [ディレクトリ名]

// ローカルリポジトリ作成
$ git init

// 作成されたリポジトリ(.git)の確認
$ ls -la

 

 

ファイル変更履歴を残す(add → commit)

ファイルを編集すると編集履歴としてGitで記録されます。編集履歴はインデックスステージと呼ばれるところに上げて、コミットすることで変更が確定されます。

// 変更したファイルをインデックスステージに上げる
$ git add [ファイル名]

// インデックスステージの内容を確認
$ git status -s
  //ステータスが表示される

// インデックスステージに上がっている履歴をコミットする
$ git commit -m "コミット時のコメント"

// コミットの履歴を確認
$ git log --oneline
  //コミットの履歴が一覧で表示
 
// インデックスステージの内容を再確認
$ git status -s
  //空になっているのが確認できる

 

 

リモートリポジトリとローカルリポジトリを紐づける

GithubやBitbucketなどのGitホスティングサービスを利用するときに、リモート側のリポジトリへpushやpullをする場合にはローカルリポジトリを紐付けておく必要があります。リモートリポジトリはあらかじめそれぞれのサイト上で作成しておき、リモートリポジトリのURLも控えておきます。

// 対応するリモートリポジトリをローカルリポジトリに紐づける
$ git remote add origin [リモートリポジトリのURL]

// 紐づけされたリモートリポジトリを確認
$ git remote -v

 

 

コミットとリモートリポジトリの反映・同期(push・pull)

ローカルでの編集を記録したコミットをリモートリポジトリに反映させます。またリモートリポジトリのコミットをローカルリポジトリへ同期します。こうすることで複数人で同時にコーディングができるようになります。

// リモートリポジトリへコミットを反映させる
$ git push origin master

// リモートリポジトリとローカルリポジトリを同期させる
$ git pull origin master

 

 

ブランチを作成して変更・統合

コミットを積み重ねている作業軸をブランチと呼び、同一のブランチにコミットが記録されていきます。作業によってはこのブランチを分けることもあります。分けたブランチは別々で管理され、再び統合できます。

// 新規ブランチを作成し、そのブランチに変更する
$ git checkout -b [ブランチ名]

// ブランチが変更されたことを確認
$ git branch

// ブランチを再度変更する場合
$ git checkout [変更先ブランチ名]

// 各ブランチを比較し差分を確認
$ git show-branch

// 現在のブランチを確認
$ git branch

// 現在のブランチを別ブランチに統合
$ git merge [統合先のブランチ名] -m "ブランチ時のコメント"

// 各ブランチが統合されたことを確認
$ git show-branch

// 統合済みの不要なブランチを削除
$ git branch -d [削除するブランチ名]

 

 

今回は基本的な操作を中心にまとめていますが、これ以外の操作についてもまた改めてまとめていきたいと思います。普段GUIなどのツールで作業していると、このようなコマンドでの作業にあまり慣れませんが覚えておくと便利です。

 

ちなみにGUIを使ったGitの操作はこちらの過去記事「Gitのソースコードバージョン管理でGUIクライアントを導入する(Mac OS X)」や同じく過去記事の「Gitでのリモートリポジトリを作成したwebコーディングフロー」をご参考に!

この記事を書いた人

オガワ シンヤ

合同会社デザインサプライ代表兼CEO / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

  • Twitter

コメントフォーム

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、お名前・ハンドルネームとメールアドレスを入力いただき、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA


この記事もよく読まれています

Scroll to Top
ご質問・ご相談はありませんか ?