Ownedmedia ウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

Smarty 2017.12.27

カラーミーショップでカテゴリやグループの項目をリスト表示する

Tags: ,,
最終更新日:Update

先日クライアントワークでご相談いただき、初めて触ったということもあり備忘録を残しておこうと思います。タイトルの通り、カラーミーショップを使ったサイトで、カテゴリアーカイブの項目をリストで表示させます。

 

Smartyとは

SmartyはPHPのテンプレートエンジンで色々なサービスに採用されています。カラーミーショップではこのSmartyが採用されており、サイトに登録されている商品データなどを扱う際に使うことになります。Smartyを使ったカラーミーでは独自タグを記述することで商品情報などを出力できる仕組みになっています。

 

Smartyでコンテンツをループ表示させる

まずは、コンテンツをループ表示させる基本の形を覚えておきます。Smartyのsectionタグを使います。sectionでループを開始し、if文のfirstでセクションのヘッダー部、lastでセクションのフッター部を出力します。このセクションヘッダーとセクションフッターの間にある部分がループ表示されます。

 

【sample.tpl】※一部抜粋

<!-- ループセクション start -->
<{section name=num loop=$group}>

   <!-- ループセクションヘッダー start -->
   <{if $smarty.section.num.first}>
   <ul>
   <{/if}>
   <!-- ループセクションヘッダー end -->

     <!-- ループ開始 -->
     <li><{$group[num].name}>
     </li>
     <!-- ループ終了 -->

   <!-- ループセクションフッター start -->
   <{if $smarty.section.num.last}>
   </ul>
   <{/if}>
   <!-- ループセクションフッター end --> 
 
 <{/section}>
 <!-- ループセクション end -->

 

sectionタグのloop属性にカテゴリーやグループなど表示対象となる値を指定することで、登録されている項目がリスト表示されます。

この記事を書いた人

オガワ シンヤ

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

  • Twitter

コメントフォーム

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、お名前・ハンドルネームとメールアドレスを入力いただき、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA


この記事もよく読まれています

Scroll to Top
ご質問・ご相談はありませんか ?