Ownedmedia ウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

jQuery 2017.10.14

jQueryでサイト内画像のコピーガードをする

Tags: ,,
最終更新日:Update

サイト内にある画像の盗用防止に一定の効果がある画像のコピーガードですが、いくつかある方法をjQueryで簡単にできるので紹介したいと思います。

 

1. 右クリックで表示されるメニューを禁止する

画像を右クリックするとメニューが表示されますが、その中には「画像をコピーする」や「別名で画像を保存する」など画像をコピーできる機能があります。右クリックを禁止することで防ぐ方法です。

【javascript】

$(function(){
  $("img").on('contextmenu',function(e){
    return false;
  });
});

 

2. 画像のドラッグを禁止する

画像を直接ドラッグ&ドロップすることでもコピーができます。画像のドラッグ自体を禁止することで防ぐ方法です。

【javascript】

$(function(){
  $("img").on('mousedown mouseup',function(e){
    return false;
  });
});

 

これらはjQueryで実装する方法ですが、CSSを使って透明のダミー画像を上から重ねることでも画像コピーガードができます。また使用する箇所が限定的であれば、下記のようにHTMLタグに直接記述することでも可能です。

<img src="../img.png" oncontextmenu="return false;">

 

キャプチャをすると結局コピーされてしまうのですが、、一定の効果はあるのではないでしょうか。今回のサンプルはこちらからご確認いただけます。

この記事を書いた人

オガワ シンヤ

合同会社デザインサプライ代表兼CEO / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

  • Twitter

コメントフォーム

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、お名前・ハンドルネームとメールアドレスを入力いただき、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA


この記事もよく読まれています

Scroll to Top
ご質問・ご相談はありませんか ?