Ownedmedia ウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

WordPress 2017.10.01

さくらのレンタルサーバーで常時SSL対応を行った時のサイトエラー表示対策

Tags: ,
最終更新日:Update

最近は常時SSLの重要性が高まってきますが、さくらインターネットのレンタルサーバーでWordPressサイトを使用している場合には、常時SSL対応時に少し注意が必要です。SSL非対応からの変更になると常時SSL対応後に外部ファイルパスが変わらないなどで表示がおかしくなってしまう場合もあります。

 

そこで下記コードをWordPressの設定ファイルである「wp-config.php」を追記します。

【wp-config.php】(一部抜粋)

if( isset($_SERVER['HTTP_X_SAKURA_FORWARDED_FOR']) ) {
   $_SERVER['HTTPS'] = 'on';
   $_ENV['HTTPS'] = 'on';
   $_SERVER['HTTP_HOST'] = '【DOMAIN NAME】';
   $_ENV['HTTP_HOST'] = '【DOMAIN NAME】';
   $_SERVER['SERVER_NAME'] = '【DOMAIN NAME】';
   $_ENV['SERVER_NAME'] = '【DOMAIN NAME】';
 }

 

これでサイトが正常に表示されるようになります。しかしこのままでは正しくリダイレクトしてくれません。。

httpsへのリダイレクトをするために.htaccessに下記のコードを追記します。

【.htaccess】(一部抜粋)

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP:X-Sakura-Forwarded-For} ^$
RewriteRule ^(.*)$ https://【DOMAIN NAME】/$1 [R=301,L]
</IfModule>

 

もしWordPress外に下層ディレクトリで静的サイト運用している場合は、上記の方法ですとうまくリダイレクトされない恐れもありますので、下記のような表記がいいかもしれません。

【.htaccess】(一部抜粋)

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP:X-Sakura-Forwarded-For} ^$
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

 

さくらインターネットのレンタルサーバーでWordPressサイトを運用している場合は要チェックです。

この記事を書いた人

オガワ シンヤ

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

  • Twitter

コメントフォーム

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、お名前・ハンドルネームとメールアドレスを入力いただき、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA


この記事もよく読まれています

Scroll to Top
ご質問・ご相談はありませんか ?