Ownedmedia ウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

CSS 2017.08.15

IEやedgeでmax-widthやmax-heightを使ったSVGが正しく表示されない時の対処法

Tags: ,,
最終更新日:Update

今回はタイトルの通り、GoogleChromeやFirefoxなどのモダンブラウザでは問題なく表示されるのにIEやedgeでは正しい比率ではなく伸びたり縮んだりして表示されてしまう場合の対処法についてです。

 

max-widthとmax-heightを使うことで起こるバグ

IEやedgeの場合、インラインSVGに対して、レスポンシブ対応などでmax-widthやmax-heightを使用しているとそのサイズが適用されないというバグがあるようです。具体的にどうなるかというと伸びたり縮んだりして、正しいアスペクト比で表示されないようになってしまいます。

 

そこで対処法としてですが、widthやheightで数値を設定してあげる必要があります。こうすることでwidthやheightで指定した数値が適用され正しく表示されるようになります。

 

このバグはSVGに見られ、jpgやpngなどのビットマップ画像だと発生しないようです。ですので、「.svg」を後方一致でのマッチングでフィルタしてあげると良さそうです。

// HTML
<div>
  <img src="sample.svg" class="fluid">
</div>

// CSS
img.fluid {
    max-width: 100%;
}
img[src$=".svg"].fluid {
    width: 100%;
}

 

近年SVGなどのベクターデータを使うケースが増えてきていますが、IEなどで使う場合は少し注意が必要ですね。

 

(参考)
SVGをimgで表示した場合にIEだけサイズが変になる現象を直す
IE11以下でのmax-widthとSVG

 

 

この記事を書いた人

オガワ シンヤ

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

  • Twitter

コメントフォーム

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、お名前・ハンドルネームとメールアドレスを入力いただき、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA


この記事もよく読まれています

Scroll to Top
ご質問・ご相談はありませんか ?