Ownedmedia ウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

Cordova 2016.08.05

Cordovaのconfig.xmlで設定できる項目まとめ(android編)

Tags: ,,
最終更新日:Update

Cordovaを使ったアプリ開発ではデバイス側の挙動やアプリの情報などを設定することができます。今回はandroidのプラットフォームに合わせた内容でまとめていきます。まずはデフォルトのconfig.xmlファイルを見ていきます。

 

【config.xml】

<?xml version='1.0' encoding='utf-8'?>
<widget id="com.example.test" version="0.0.1" xmlns="http://www.w3.org/ns/widgets" xmlns:cdv="http://cordova.apache.org/ns/1.0">
    <name>アプリ名</name>
    <description>アプリ説明文</description>
    <author email="アプリ著作者メールアドレス" href="アプリ著作者サイトURL">アプリ著作者</author>
    <content src="トップページとなるファイルのパス" />
    <plugin name="cordova-plugin-whitelist" version="1" />
    <access origin="*" />
    <allow-intent href="http://*/*" />
    <allow-intent href="https://*/*" />
    <allow-intent href="tel:*" />
    <allow-intent href="sms:*" />
    <allow-intent href="mailto:*" />
    <allow-intent href="geo:*" />
    <preference name="アプリ設定項目" value="" />
    <platform name="android">
    <allow-intent href="market:*" />
    </platform>
    <platform name="ios">
        <allow-intent href="itms:*" />
        <allow-intent href="itms-apps:*" />
    </platform>
</widget>

 

まず、<name>にはアプリ名が入り<description>にはアプリの説明文を記述します。同じく<author>にはアプリ作者の情報を設定します。これらの情報はアプリストアのリストに表示されます。

 

<content>にはウェブサイトでいうところのindex.htmlにあたるトップ画面のページファイルパスを指定します。そして<access>はアプリからのアクセスを許可するドメインを指定します。デフォルトではワイルドカードとしてアスタリスクがついています。

 

アプリの各種設定項目

<preference>ではアプリの各種設定を行うことができます。主な設定項目として次のようなものがあります。

 

スプラッシュスクリーンの表示

<preference name="SplashScreen" value="screen" />

valueの値にはスプラッシュスクリーン用画像の拡張子を除いたファイル名が入ります。

 

スプラッシュスクリーンの表示時間指定

<preference name="SplashScreenDelay" value="8000" />

valueの値にスプラッシュスクリーンの表示時間をミリ秒で指定します。

 

スクリーンの向きを固定

<preference name="Orientation" value="landscape" />

valueの値にはlandscape(横向き)、portrait(縦向き)を指定します。

 

バックグラウンドでの動作制御

<preference name="keepRunning" value="true" />

value値がfalseでバックグラウンド動作をストップします。

 

ステータスバーの表示非表示

<preference name="Fullscreen" value="true" />

value値がtrueでステータスバーを非表示にし全画面に表示させます。

 

 

今回はandroid端末についてご紹介しましたが、この他にもiOS用の設定項目も存在します。このようにCordovaというプラットフォームはjavaやObjective-Cなどの言語を使わなくても、ネイティブ機能との橋渡しをしてくれるので開発のハードルも低くなるのではないでしょうか。

 

この記事を書いた人

オガワ シンヤ

合同会社デザインサプライ代表兼CEO / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

  • Twitter

コメントフォーム

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、お名前・ハンドルネームとメールアドレスを入力いただき、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA


この記事もよく読まれています

Scroll to Top
ご質問・ご相談はありませんか ?