Ownedmedia ウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

jQuery 2016.03.24

変数でHTMLを指定し動的に生成する(jQuery編)

Tags: ,
最終更新日:Update

前回記事に引き続き、変数にHTMLを指定して出力する方法です。今回はjQueryを使ったサンプルです。jQueryを使うことで簡単かついろんなケースに柔軟に対応することができます。

 

【HTML】動的に生成する前

<div id="wrap">
  <div class="inner_a">コンテンツA</div>
  <script>
  <!-- ここへHTMLの変数を指定したjavascriptコードを記入 -->
  </script>
</div>

 

.append() を使う
$(function(){
  var h = '<div class="inner_b">'
        + 'コンテンツB'
        + '</div>'
        + '<div class="inner_c">'
        + 'コンテンツC'
        + '</div>';
  $("#wrap").append( h );
});

【HTML】出力ソースのイメージ

<div id="wrap">
  <div class="inner_a">コンテンツA</div>
  <!-- 指定要素の内部へ後に続くよう追加される -->
  <div class="inner_b">コンテンツB</div>
  <div class="inner_c">コンテンツC</div>
</div>

 

.prepend() を使う
$(function(){
  var h = '<div class="inner_b">'
        + 'コンテンツB'
        + '</div>'
        + '<div class="inner_c">'
        + 'コンテンツC'
        + '</div>';
  $("#wrap").prepend( h );
});

【HTML】出力ソースのイメージ

<div id="wrap">
  <!-- 指定要素内部の先頭にくるよう追加される -->
  <div class="inner_b">コンテンツB</div>
  <div class="inner_c">コンテンツC</div>
  <div class="inner_a">コンテンツA</div>
</div>

 

.html()を使う
$(function(){
  var h = '<div class="inner_b">'
        + 'コンテンツB'
        + '</div>'
        + '<div class="inner_c">'
        + 'コンテンツC'
        + '</div>';
  $("#wrap").html( h );
});

【HTML】出力ソースのイメージ

<div id="wrap">
  <!-- 指定要素内部の要素と置き換わるように追加される -->
  <div class="inner_b">コンテンツB</div>
  <div class="inner_c">コンテンツC</div>
</div>

 

この記事を書いた人

オガワ シンヤ

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

  • Twitter

コメントフォーム

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、お名前・ハンドルネームとメールアドレスを入力いただき、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA


この記事もよく読まれています

Scroll to Top
ご質問・ご相談はありませんか ?