Ownedmedia ウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

一眼レフ写真撮影 2018.04.05

【一眼レフカメラの基本設定】シャッタースピードについて

Tags: ,,
最終更新日:Update

前回に引き続きカメラ設定において欠かせない知識を今回もまとめていきたいと思います。前回記事「【一眼レフカメラの基本設定】F値(絞り)について」では絞りを調整することで明るさや被写界深度をコントロールしていきましたが、今回はシャッタースピードについて説明していきます。

 

明るさを決めるシャッタースピード

シャッタースピードはその名の通り、シャッターボタンを押してからシャッターが閉まるまでの時間を示す値で、F値と同様に明るさを示す数値でもあります。一眼レフカメラにおいてはシャッターは最初は開かれており、外部からの光を取り込むことができます。そしてシャッターボタンを押すことでシャッターが一定時間経過後に閉じるという仕組みです。

 

【一眼レフカメラの基本設定】シャッタースピードについて

 

したがってシャッター速度が遅い(つまりシャッターが開いている時間が長い)と外部からの光をたくさん取り込めるので明るい写真になり、シャッター速度が早い(つまりシャッターが開いている時間が短い)と光を取り込める時間が短くなるので暗い写真になります。このようにシャッタースピードの早さによって写真の明るさが決まってきます。

 

被写体ブレを活かした写真が撮れる

シャッタースピードを遅い場合、シャッターが開いている間の被写体の動きも記録されることでブレが生じてしまいますが、この特性を活かした写真も取ることができます。例えば川の水の流れや、スポーツなど動きのあるシーンなどでは、被写体の動きが写真の上で表現することができます。

 

シャッタースピードとブレの関係については、被写体の動く量と、シャッタースピードの早さによって変わってきますが、被写体の条件が同じであればシャッタースピードが早ければブレが少なくなり時間が止まっているような写真に、シャッタースピードが遅ければブレが大きくなり動いているような写真を撮ることができます。

 

【一眼レフカメラの基本設定】シャッタースピードについて

 

ですので、シャッタースピードとブレの関係をまとめると次のようになります。

シャッタースピードが早い → 暗くなる・ブレが小さくなる
シャッタースピードが遅い → 明るくなる・ブレが大きくなる

 

シャッタースピードを早くすることで手ブレなどによる被写体のブレを抑えることも可能です。その場合にシャッタースピードを早くすることで暗くなってしまうのでF値などの調整で明るさを確保します。どうしても手ブレが起きる場合には三脚を使ってカメラを固定したり、リモートのシャッターボタンを使うことも効果的です。

 



 

長時間露光で見えない動きも見えるようにする

シャッタースピードは通常何百分の1秒や何十分の1秒といった非常に短い時間で撮影されるのですが、何時間もシャッターを開けて撮影をすることで通常の写真では撮ることのできないような写真にすることもできます。

 

このように長い時間シャッターを開けておくことを長時間露光と呼びます。長時間露光では少ない光量でもある程度明るさを確保することができます。長時間露光の撮影例では星空の定点撮影など非常に動くのが遅い被写体の動きを写真に収めるといったケースがよく知られています。

 

【一眼レフカメラの基本設定】シャッタースピードについて

 

シャッタースピードをコントロールする撮影モード

シャッタースピードを撮影時にコントロールするには、マニュアルモード(M)もしくは、シャッター速度優先モード(Tv)で撮影することになります。また長時間露光を行う場合はバルブ撮影モード(B)で撮影します。それ以外の撮影モードではシャッタースピードが自動的に決まってしまいます。(撮影モードについて詳しくは過去記事「一眼レフカメラ撮影でまずはじめに知っておきたい知識(撮影モード・フォーカス機能とRawデータ出力)」を参考に)

 

シャッター速度優先モードではシャッタースピード以外の設定項目がシャッタースピードに合わせて自動的に最適化された値で設定されます。マニュアルモードではシャッタースピードも含めて全て撮影者が自由に設定できます。またバルブ撮影モードではシャッターボタンを押している間シャッターが開いているようになります。シャッタースピードはカメラの設定で調整可能です。

 

【一眼レフカメラの基本設定】シャッタースピードについて

 

シャッタースピードをコントロールするシーンとしては、手ブレを防ぎしっかりと被写体を止めて撮影したい時や、逆に被写体ブレを活かした動きのある表現を撮影したい時に有効です。

 

【一眼レフカメラの基本設定】シャッタースピードについて

【一眼レフカメラの基本設定】シャッタースピードについて

 


 

シャッタースピードもF値と並びカメラの設定項目の中でも重要になってきます。特にいろんな撮影シーンがある場合には調整することで対応できる幅も広がりますので使いこなせるようにしたいですね。

この記事を書いた人

オガワ シンヤ

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

  • Twitter

コメントフォーム

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、お名前・ハンドルネームとメールアドレスを入力いただき、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA


この記事もよく読まれています

Scroll to Top
ご質問・ご相談はありませんか ?