Ownedmedia ウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

一眼レフ写真撮影 2018.02.19

レンズで変わる画角とピントを決めるボケ範囲の被写界深度

Tags: ,,
最終更新日:Update

今回からいよいよ撮影技術に関する知識を紹介していきたいと思います。第1回目の記事「写真を撮る上で大切な要素とは?」で紹介しましたが、写真を構成する3つの要素で「被写体とピント」に関する画角と被写界深度について理解しておきたいと思います。これは何を撮るかという点で非常に重要となってきます。ここではどのレンズを使用するかで変わってきますので正しく理解しておいた方がいいでしょう。

 

レンズで異なる画角について

被写体を撮るときにはファインダー越しにどれくらいの範囲で写真に収めるかを考えますが、その時にキーワードとなるのが「画角」です。画角というのは写真として収まる範囲のことでレンズによって変わってきます。

 

レンズで変わる画角とピントを決めるボケ範囲の被写界深度

 

レンズについては様々な種類があることを過去記事「一眼レフカメラ撮影でまずはじめに知っておきたい知識(カメラ・レンズの種類とアクセサリ)」で紹介していますが、この中に広角レンズや望遠レンズといった種類がありますね。

 

ここで「焦点距離」というキーワードに注目していただきたいのですが、焦点距離とはカメラのレンズとイメージセンサー(被写体をデジタルデータとして取り込む装置)の距離を指します。つまりレンズの仕様で◯◯mmというのは焦点距離を表しています。レンズの焦点距離と画角の関係は次のようになっています。

広角レンズ:焦点距離が短い(10mm〜35mmくらい)=画角が広い
望遠レンズ:焦点距離が長い(70mm〜300mmくらい)=画角が狭い

レンズで変わる画角とピントを決めるボケ範囲の被写界深度

 

広角レンズは画角が広いのでワイドやパノラマ写真に向いています、ただし近づいて撮影しない限りは被写体が小さくなってしまいます。対して望遠レンズでは画角が狭くなりますが、ズームインされて見えるようになります。小さいものを拡大するマクロレンズなんかも画角が狭くなります。

 

レンズで変わる画角とピントを決めるボケ範囲の被写界深度

レンズで変わる画角とピントを決めるボケ範囲の被写界深度

 

つまり、写真に収めたい範囲(画角)が広いか狭いかによって広角レンズなのか望遠レンズを選択する必要があります。ズームレンズの場合は焦点距離を変えることができますが、単焦点レンズの場合は焦点距離が固定となります。

 

被写体をボカす被写界深度とレンズの関係

次にレンズの焦点距離が影響してくるものとして、被写界深度というのがあります。被写界深度とは被写体のピントが合う範囲のことで以下のようなイメージでピントを合わしていくことになります。カメラと被写体を遠近の距離関係においた時、ピントに合わせた位置にある距離が被写界深度の中心(ピントの軸)となります。ここがもっともシャープになるつまり焦点が合うところで、そこを中心に前後に向かって徐々に焦点がボケていくようになります。

 

また、この被写界深度はレンズの焦点距離で変わってきます。先ほどと同じようにレンズの焦点距離と被写界深度の関係は次のようになっています。

広角レンズ:焦点距離が短い(10mm〜35mmくらい)=被写界深度が深い
望遠レンズ:焦点距離が長い(70mm〜300mmくらい)=被写界深度が浅い

レンズで変わる画角とピントを決めるボケ範囲の被写界深度

 

このピントが合う範囲が広いと被写界深度が浅いと言い、ボケのある写真になります。逆にピントが合う範囲が広いと被写界深度が深いと言い、全体的にシャープでクリアな写真になります。

 

レンズで変わる画角とピントを決めるボケ範囲の被写界深度

レンズで変わる画角とピントを決めるボケ範囲の被写界深度

 

ちなみにですが、被写界深度にはレンズの絞りの大きさであるf値も関係してきますが、これについては後ほど説明していきたいと思います。

 


 

これでレンズの焦点距離と画角と被写界深度の関係が繋がりました。写真を撮る上で大切な要素の一つである「被写体とピント」はこれらの知識でコントロールすることができますので、あらかじめ理解しておくことが大切です。

※記事内で使っている写真は解説用に一部写真に加工をしている箇所があります。あくまでイメージのため実際の効果とは若干異なる場合もあります。

この記事を書いた人

オガワ シンヤ

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

  • Twitter

コメントフォーム

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、お名前・ハンドルネームとメールアドレスを入力いただき、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA


この記事もよく読まれています

Scroll to Top
ご質問・ご相談はありませんか ?