Ownedmedia ウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

開発環境構築 2018.06.04

Local by FlywheelでWordPressローカル環境を構築して制作効率化

Tags: ,,,

WordPressサイトを作成するときに使うローカル環境はMAMPやDockerなどをずっと使っていましたが「Local by Flywheel」という便利なものが登場し、使いやすかったので乗り換えました。今回はLocal by FlywheelでWordPressのローカル環境を構築するフローをまとめておきたいと思います。

 

Local by FlywheelのインストールからWordPressサイトの作成

まずはサイトにアクセスし、ダウンロードボタンをクリックします。ダイアログが表示されるのでOSの環境を選択し、その他項目も入力していきます。

【Local by Flywheel | Local WordPress development made simple】
https://local.getflywheel.com/

 

Local by FlywheelでWordPressローカル環境を構築して制作効率化

Local by FlywheelでWordPressローカル環境を構築して制作効率化

 

確定ボタンを押すと間も無くインストーラーのダウンロードが始まります。状況によっては少し時間がかかる場合もあるようです。

 

Local by FlywheelでWordPressローカル環境を構築して制作効率化

 

ダウンロードが完了するとインストーラーを立ち上げます。ウィンドウが表示され、ボタンをクリックすると仮想環境の構築が始まります。少し時間がかかるので待ちましょう。

 

Local by FlywheelでWordPressローカル環境を構築して制作効率化

Local by FlywheelでWordPressローカル環境を構築して制作効率化

 

環境構築が完了するとこのような画面に切り替わり、中央にある「CREATE A NEW SITE」をクリックします。

 

Local by FlywheelでWordPressローカル環境を構築して制作効率化

 

ローカルに作成されるWordPressサイトの設定を行います。サイト名を入力し、詳細設定ではURLやローカルに保存されるパスが設定できます。「CONTINUE」をクリックして先に進めていきます。

 

Local by FlywheelでWordPressローカル環境を構築して制作効率化

 

次は開発環境の設定を行います。PHPや各種サーバーのバージョンなどを設定します。このようにバージョン違いのWordPressローカル環境を用意できるのは大きなメリットですね。

 

Local by FlywheelでWordPressローカル環境を構築して制作効率化

 

最後にWordPressの設定を行います。IDやパスワードを設定し、必要に応じてデフォルト設定として保存することも可能です。「ADD SITE」をクリックします。

 

Local by FlywheelでWordPressローカル環境を構築して制作効率化

Local by FlywheelでWordPressローカル環境を構築して制作効率化

 

開発環境の設定で変更があった場合はこのような形でサーバーなどの設定が始まります。少し時間がかかる場合もありますので少し待ちましょう。終了するとダッシュボードに表示が切り替わり、続いてWordPressのインストールが始まります。

 

Local by FlywheelでWordPressローカル環境を構築して制作効率化

Local by FlywheelでWordPressローカル環境を構築して制作効率化

 

WordPressのインストールが完了すると、ダッシュボードで確認することができます。ここでは複数のWordPressサイトを管理することができます。「VIEW SITE」をクリックするとブラウザでサイトを確認することができます。

 

Local by FlywheelでWordPressローカル環境を構築して制作効率化

Local by FlywheelでWordPressローカル環境を構築して制作効率化

 

もちろん管理画面へログインすることも可能です。初期状態では英語表示担っているので日本語に変更します。「設定」→「一般」から言語とタイムゾーンを変更します。

 

Local by FlywheelでWordPressローカル環境を構築して制作効率化

Local by FlywheelでWordPressローカル環境を構築して制作効率化

 


 

いろんなローカル環境ツールがありますが、WordPressに限って言えばこのLocal by Flywheelが一番使いやすいのではないでしょうか。複数のサイトを管理できるので、クライアントワークの制作フローにも活用できそうですね。

この記事を書いた人

オガワ シンヤ

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

  • Twitter

コメントフォーム

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、お名前・ハンドルネームとメールアドレスを入力いただき、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA


この記事もよく読まれています

Scroll to Top
ご質問・ご相談はありませんか ?