Ownedmedia ウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

開発環境構築 2018.04.06

ローカル開発環境へのDocker導入の流れについてまとめ(インストール編)

Tags: ,,,
最終更新日:Update

ウェブ制作でローカルの開発環境といえばMAMPやXAMPPといったものがメジャーでしたが、少し前からDockerというものが注目されるようになってきました。今回はそのDockerをローカル開発環境に導入するまでの流れをまとめてみました。

 

Dockerとは?

コンテナ型と呼ばれる仮想環境を提供するプラットフォームで、VMwareやVirtualBoxといった仮想マシンよりも軽くて早く、パフォーマンスに優れているのが特徴。また環境の内容を設定ファイルで管理することができるので共有や配布といったことが簡単にできます。

 

開発環境をその都度1から構築となれば手間もかかりますし、バージョンの管理となればかなりややこしくなるケースもあるので、そのような問題を解決してくれます。

 

DockerではWebサーバーやデータベースサーバーなどを「イメージ」としてインストールし、その中で「コンテナ」を起動し運用していくという形になります。

 

Dockerのインストール

導入にあたり、まずはDockerをインストールする必要があります。公式のドキュメントサイト(https://docs.docker.com/)に行くと詳しい方法が掲載されています。

 

ローカル開発環境へのDocker導入の流れについてまとめ(インストール編)

 

 

Dockerには「Docker Community Edition」と「Docker Enterprise Edition」のバージョンがあるのですが、今回はDocker Community Editionの方を選択します。MacやWindowsのOSであればダウンロードパッケージが用意されているので、画面のリンクからダウンロードします。

 

ローカル開発環境へのDocker導入の流れについてまとめ(インストール編)

 

あるいはDocker StoreというDockerの各種パッケージがダウンロードできるサイトがあるのでそちらからでも可能です。

 

ローカル開発環境へのDocker導入の流れについてまとめ(インストール編)

 

ダウンロードのパッケージファイルからDockerをインストールしていきます。アイコンをアプリケーションフォルダに移します。その後インストールが完了し、Dockerのアプリケーションを開くと初回にこのようなウィンドウが表示されます。

 

ローカル開発環境へのDocker導入の流れについてまとめ(インストール編)

 

ローカル開発環境へのDocker導入の流れについてまとめ(インストール編)

 

同時にいろんな付随機能もインストールされるので、コマンドで正常にインストールがされているか確認します。それぞれバージョンが表示されていればOKです。

$ docker --version
$ docker-compose --version
$ docker-machine --version

 

また、コマンドラインでのインストールは次のように行います。まず古いDockerのバージョンが存在する場合には下記のコマンドで削除しておきます。

$ sudo yum remove docker 
   docker-client 
   docker-client-latest 
   docker-common 
   docker-latest 
   docker-latest-logrotate 
   docker-logrotate 
   docker-selinux 
   docker-engine-selinux 
   docker-engine

 

次にインストール元のリポジトリをセットアップします。下記のコマンドのように進めていきます。

$ sudo yum install -y yum-utils 
   device-mapper-persistent-data 
   lvm2
$ sudo yum-config-manager 
  --add-repo 
  https://download.docker.com/linux/centos/docker-ce.repo

 

そしてDocker Community Editionの最新版をインストールします。

$ sudo yum install docker-ce

 

 

Kitematicのインストール

続けてKitematicという環境構築に必要な各種イメージがインストールできるGUIツールもインストールしておきます。まずはDockerのアプリを立ち上げて、アイコンからメニューを表示させて「Kitematic」の項目を選択します。するとダイアログが表示されるのでテキスト内のダウンロードリンクをクリックします。間も無くダウンロードが始まります。

 

ローカル開発環境へのDocker導入の流れについてまとめ(インストール編)

ローカル開発環境へのDocker導入の流れについてまとめ(インストール編)

 

zipファイルでダウンロードされるので解答すると「Kitematic」のアプリが出てきます。アプリケーションフォルダに移動させてアプリを開くと画面が表示されます。最初に「Docker Hub」のアカウントを紐づけることができます。Docker Hubはユーザーが作成したイメージを共有できるサービスで、Git Hubのようなものです。特に不要であれば先に進めることも可能です。先に進めると画面が切り替わりインストールできるイメージの一覧が表示されるようになります。これでひとまずは準備が整いました。

 

ローカル開発環境へのDocker導入の流れについてまとめ(インストール編)

 


 

コマンドを使わなくてもGUIツールが揃っているのでわかりやすくて便利ですね。次回からは実際にDockerで環境構築を行う手順をまとめていきたいと思います。

 

(参考にさせて頂いたサイト)
Docker Documentation
(前編)【コマンド不要】XAMMPもMAMPも使わない!ローカル開発環境はdockerで構築してみよう!

この記事を書いた人

オガワ シンヤ

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

  • Twitter

コメントフォーム

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、お名前・ハンドルネームとメールアドレスを入力いただき、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA


この記事もよく読まれています

Scroll to Top
ご質問・ご相談はありませんか ?