Ownedmedia ウェブ制作に役立つコンテンツを発信中!

開発環境構築 2017.10.20

Gitのソースコードバージョン管理でGUIクライアントを導入する(Mac OS X)

Tags: ,,,
最終更新日:Update

チームでのプロジェクト開発では複数人でコーディングを行うこともあります。その際に必須となるのがGitなどのソースコードバージョン管理です。コマンド入力で操作することもできますが、GUIなどのクライアントソフトを使うことでわかりやすく、コマンド入力に慣れていない人でも使うことができます。今回はGitのGUIクライアントソフト導入の流れをまとめていきたいと思います。

 

まずはPCにGitがインストールされているかを下記コマンドで確認します。

$ git --version

 

もし、下記のようにXcodeのライセンスに同意するように言われた場合はそのまま下記のコマンドで同意します。

$ sudo xcodebuild -license

You have not agreed to the Xcode license agreements. …
(以下省略)

By typing 'agree' you are agreeing to the terms of the software license agreements. Type 'print' to print them or anything else to cancel, [agree, print, cancel]

agree   // 同意を入力

 

インストールされていない場合は過去記事「WEB開発環境(Mac OS)に必要な各種インストール方法まとめ(2)」を参考にインストールします。

 

Gitがインストールされていればこのままコマンドラインで進めていくことも可能ですが、今回は「SourceTree」というGUIツールを使います。(合わせてgitもインストールされます)

 

Sourcetreeのインストール

公式サイトにアクセスしインストール作業を進めていきます。

【SourceTree】
https://www.sourcetreeapp.com/

 

画面右上の「Download free」ボタンからダウンロード・インストールを行っていきます。またインストール時に「Atlassian」というサービスのアカウントも合わせて作成します。また「gitbucket」などGitのリモートホストサービスなどの設定もできますが、ここではスキップしてまずはセットアップを完了させます。

 

Gitのソースコードバージョン管理でGUIクライアントを導入する(Mac OS X)

 

ローカルに新規リポジトリを作成する

SourceTreeのアプリを立ち上げて「新規」→「ローカルリポジトリを作成」でローカルにリポジトリ(ソースコードのディレクトリ)を作成します。ディレクトリの場所を用意して、リポジトリ名を設定し、タイプは「Git」を選択します。

 

Gitのソースコードバージョン管理でGUIクライアントを導入する(Mac OS X)

 

リポジトリを作成するとリポジトリ一覧に作成したものが表示されます。リポジトリをクリックすると操作ウィンドウが表示され、この中で次に紹介するファイルの操作や、ソースコードの変更履歴を確認することができます。まだリポジトリが空の場合は下記のように表示されます。

 

Gitのソースコードバージョン管理でGUIクライアントを導入する(Mac OS X)

Gitのソースコードバージョン管理でGUIクライアントを導入する(Mac OS X)

 

Gitでの操作

Gitでのソースコードバージョン管理を行う上であらかじめGitでの操作を理解しておく必要があります。いろいろ用語がありますので下記にまとめておきました。

 

ローカルリポジトリ ローカル環境(PC)にあるソースコード一式が含まれたプロジェクト用フォルダ、各個人がソースコードの編集を行う
リモートリポジトリ ホストサーバーにあるソースコード一式が含まれたプロジェクト用フォルダ、チームで管理するソースコード
コミット ソースコードの編集やファイルの追加及び削除を確定させGitへ記録すること
プッシュ ローカルリポジトリのコミット内容をリモートリポジトリに反映し更新させること(ソースコードのアップロード)
プル リモートリポジトリのコミット内容をローカルリポジトリに反映し更新させること(ソースコードのダウンロード)
クローン リモートリポジトリをローカルリポジトリにダウンロードしてコピーすること
ブランチ ソースコードの更新履歴を枝分けして新たな更新履歴として分岐させてバージョン管理を行う
マージ 複数のブランチを1つのブランチに統合させること、またはローカルリポジトリとリモートリポジトリの同じブランチを統合させること
フェッチ リモートリポジトリのコミット内容をローカルリポジトリに反映させずにダウンロードすること
タグ コミットに対して目印となるよう特定の名前や情報を付与できる
プルリクエスト プッシュした内容をレビューするなどの目的にチームメンバーへ通知すること

 

ソースコードの変更履歴を記録・確認する

では実際にソースコードの変更を記録していきます。これを積み重ねてまとめていくことでバージョンを管理するというイメージです。先ほど作成した空のローカルリポジトリに対象となるソースコード一式を追加します。そして操作ウィンドウを確認するとファイルが追加されたという変更が記録されます。

 

Gitのソースコードバージョン管理でGUIクライアントを導入する(Mac OS X)

 

この記録に対してチェックを入れて「コミット」を行います。最初はコミットするユーザーの設定を行うことになります。

 

Gitのソースコードバージョン管理でGUIクライアントを導入する(Mac OS X)

 

コミット時に表示するメッセージを入力してコミットを確定させます。メッセージには修正に関しての情報や備考を入力しておきます。

 

Gitのソースコードバージョン管理でGUIクライアントを導入する(Mac OS X)

 

コミットが完了しブランチを確認すると、変更履歴として記録されます。このような形でソースコードの変更を管理していきます。

 

Gitのソースコードバージョン管理でGUIクライアントを導入する(Mac OS X)

 


 

GUIクライアントを導入することでわかりやすく確認もラクになります。またGitを理解するのにも効果的なのではないでしょうか。

この記事を書いた人

オガワ シンヤ

DesignSupply.代表 / ディレクター・ウェブデザイナー・フロントエンドエンジニアをやっています。「ウェブとデザインでヒト・モノ・サービスを繋げ新しい価値を生み出す」をコンセプトに日々奮闘中!制作中はチョコレートが欠かせない三十路Webクリエイター。

  • Twitter

コメントフォーム

記事に関するご質問やご意見などありましたら下記のコメントフォームよりお気軽に投稿ください。なおメールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、お名前・ハンドルネームとメールアドレスを入力いただき、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA


この記事もよく読まれています

Scroll to Top
ご質問・ご相談はありませんか ?